FC2ブログ

ロバート・デ・ニーロ

ロバート・デ・ニーロ

ア賞主演男優賞、助演男優賞を

一回ずつと、演技うまいけど、受賞が少ないですね。



『ゴッドファーザー』オーディションで落選。

監督コッポラは演技力を高く評価し、

続編『PART II』では若きドン・コルレオーネの役をゲット。

そこから有名に。



デニーロ・アプローチ

役に成りきるための努力を惜しまない。

その例を挙げる。

1『ゴッドファーザー PART II』

シチリア島に住んで、シチリア訛りのイタリア語をマスターした後に、

マーロン・ブランドのしゃがれ声を完璧に模写した。

2『タクシードライバー』

3週間、ニューヨークでタクシードライバーとして働いた。

3『ディア・ハンター』

物語の舞台となったピッツバーグに撮影数ヶ月前から偽名で暮らしていた。

さらに鉄工所で働こうとしたが、現地の人に拒否されたという。

4『レイジング・ブル』

実在したミドル級ボクサージェイク・ラモッタの鍛え抜かれた肉体を披露し、

その後、引退後の姿を表現するために体重を20キロも増やした。

このためイタリアに赴いて、現地のあらゆるレストランを食べ歩いた。

5『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』

ユダヤ人家庭にホームステイした。

6『アンタッチャブル』

頭髪をそり上げ、アル・カポネを演じた。

体重は直後に別の映画出演が決まっていたので太るわけにいかず、

ボディスーツを着用したが、顔だけは太らせて撮影に臨んだ。

7『ミッドナイト・ラン』

マーティン・ブレストと共に実際の賞金稼ぎと共に行動し、

捕獲の瞬間、張り込みを見学し、捜査の方法などを習得した。

8『ロバート・デ・ニーロ エグザイル』

ホームレス役で出演するため、役づくりのためにホームレス施設に潜入した。

★僕が好きな一作 

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ
http://77hikoboshi.blog111.fc2.com/blog-entry-2570.html

★びっくりした演技~ロシアンルーレットでの狂い顔

ディア・ハンター(1978)A~再見予定

★ハリウッド会員投票 米映画ベスト100の4位

レイジング・ブル(1980)B~デニーロ最高作に、実在ボクサーの波瀾万丈

http://77hikoboshi.blog111.fc2.com/blog-entry-443.html

======

僕的出演作品でベスト5

レイジング・ブル(1980)B~デニーロ最高作に、実在ボクサーの波瀾万丈
http://77hikoboshi.blog111.fc2.com/blog-entry-1715.html

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ

http://77hikoboshi.blog111.fc2.com/blog-entry-2570.html

ゴッドファーザー PART II(1974)A

ディア・ハンター(1978)A~再見予定

ラスト・タイクーン(1976)C~天才プロデューサーと脚本家組合
http://77hikoboshi.blog111.fc2.com/blog-entry-2523.html

============

★主な出演作品 

ゴッドファーザー PART II(1974)A~アカデミー助演男優賞 受賞

タクシードライバー(1976)B~戦争後遺症の暴走男
http://77hikoboshi.blog111.fc2.com/blog-entry-3355.html

ラスト・タイクーン(1976)C~天才プロデューサーと脚本家組合
http://77hikoboshi.blog111.fc2.com/blog-entry-2523.html

ニューヨーク・ニューヨーク(1977)E~ライザ・ミネリのラブストーリー
http://77hikoboshi.blog111.fc2.com/blog-entry-5904.html

ディア・ハンター(1978)A~再見予定

レイジング・ブル(1980)B~デニーロ最高作に、実在ボクサーの波瀾万丈
http://77hikoboshi.blog111.fc2.com/blog-entry-1715.html

アカデミー主演男優賞 受賞

告白(1981)再見予定

キング・オブ・コメディ (1983)C~演技が最高!
http://77hikoboshi.blog111.fc2.com/blog-entry-1531.html

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ(1984)A~ロバート・デ・ニーロ、最高傑作の友情もの
http://77hikoboshi.blog111.fc2.com/blog-entry-2570.html

恋に落ちて(1984) C
出演: メリル・ストリープ, ハーヴェイ・カイテル
ニューヨークを舞台に互いに夫、妻をもつ男女の愛を描く。
W不倫、デニーロが殺し屋にしかみえない。 

未来世紀ブラジル(1985)再見予定

ミッション(1986)C~南米の布教活動、宣教師の反乱
http://77hikoboshi.blog111.fc2.com/blog-entry-2010.html

エンゼル・ハート(1987)再見予定

アンタッチャブル(1987) D

ミッドナイト・ラン(1987)C 護送もの

俺たちは天使じゃない(1989)D~ショーン・ペン、脱獄犯が神父に
http://77hikoboshi.blog111.fc2.com/blog-entry-4304.html

グッドフェローズ(1990) C~マフィア実話手記
http://77hikoboshi.blog111.fc2.com/blog-entry-2399.html

レナードの朝(1990)C

バックドラフト(1991)消防士の活躍

ケープ・フィアー(1991) 恐怖の岬のリメイク

ミストレス(1992)再見予定

ナイト・アンド・ザ・シティ(1992)

恋に落ちたら…(1992)再見予定

ボーイズ・ライフ(1993)
監督: マイケル・ケイトン・ジョーンズ.
出演: レオナルド・ディカプリオ, エレン・バーキン
トバイアス・ウルフの自伝的小説をもとに、
楽天的な母親と暴力的な継父の下で思春期を過ごした少年の葛藤と成長を、
ノスタルジックにつづった一編
男運のない母親にふりまわされ、継父にいじめらて
育ってゆく、自伝小説の映画化 
デ・ニーロの悪役演技は印象的
====

マイ・ルーム(1996)
監督: ジェリー・ザックス.
出演: メリル・ストリープ, レオナルド・ディカプリオ, ダイアン・キートン
白血病で余命のない姉をめぐり、
長年絶縁状態だった妹とその家族の再会と新しい絆を描くヒューマン・ドラマ。
どうも感情移入できない、殺伐的な雰囲気で残念。
ダイアンとメルリの大役者同士の相性は最悪

大いなる遺産(1998)

RONIN(1998)C

アナライズ・ミー(1999)  再見予定

ミート・ザ・ペアレンツ(2000)C

アナライズ・ユー(2002) C~ウエストサイド物語オマージュ、ロバート・デ・ニーロとレイミス監督
http://77hikoboshi.blog111.fc2.com/blog-entry-255.html

ミート・ザ・ペアレンツ2(2004)C

グッド・シェパード(2004)再見予定

スターダスト(2007)

トラブル・イン・ハリウッド(2008)E~ハリウッドの映画プロデューサーの日常
http://77hikoboshi.blog111.fc2.com/blog-entry-4088.html

ボーダー(2008)

ストーン(2009)

昼下がり、ローマの恋 (2011)C~モニカベルッチ、笑える「恋愛マニュアル」シリーズ
https://ameblo.jp/rennaieiga/entry-11471967344.html

ニューイヤーズ・イブ (2011)C~これほど豪華すぎる俳優陣が揃った作品はない
http://77hikoboshi.blog111.fc2.com/blog-entry-5788.html

レッド・ライト(2012)

世界にひとつのプレイブック(2012)B~ウツになった男女の再生
http://77hikoboshi.blog111.fc2.com/blog-entry-621.html

グリフィン家のウエディングノート(2013)D~ロバート・デ・ニーロ、ダイアン・キートン
http://77hikoboshi.blog111.fc2.com/blog-entry-1272.html

マラヴィータ(2013)C~史上最高の凶暴家族
http://77hikoboshi.blog111.fc2.com/blog-entry-4602.html

ラストベガス(2013)

アメリカンハッスル(2013) C~実話?詐欺師の最後の詐欺
http://77hikoboshi.blog111.fc2.com/blog-entry-1501.html

リベンジ・マッチ(2013)

ザ・バッグマン 闇を運ぶ男(2014)

マイ・インターン(2015)C~引退後にシニアインターンで働く
http://77hikoboshi.blog111.fc2.com/blog-entry-4148.html

タイム・トゥ・ラン(2015)

ダーティ・グランパ(2016)D~定番ラブコメ
http://77hikoboshi.blog111.fc2.com/blog-entry-4554.html

==========

☆最後まで読んでいだだきありがとうございました。

とりあげる俳優のリクエストをいただければ幸いです。

===

これまでのバックナンバー(俳優を話そうよ)

http://77hikoboshi.blog111.fc2.com/blog-entry-2620.html
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
130位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line