FC2ブログ

英国王のスピーチ(2010) B~エリザベス女王の父はどもりだった

英国王のスピーチ(2010) B

現エリザベス女王の父君の話し

吃音に悩まされたイギリス王ジョージ6世(コリン・ファース)と、その治療にあたった大英帝国構成国出身の平民である言語療法士(ジェフリー・ラッシュ)の友情を史実を基に描いた作品。第83回アカデミー賞では作品賞など4部門を受賞した。


どもりの矯正者ジェフリー・ラッシュの演技が最高。

さすが、ア賞作品賞、撮影のアングルがスゴイ、

ラジオ放送でのスピーチシーンは涙一粒出た。

コリン・ファース、演技は常にうまい人なので、あたりまえ。

ヘレナ・ボナム=カーターにびっくり。
こんな品のある演技ができるとは、いつも汚れ役ばかりなので。

国王のドモリをなおせたのは医師ではなかった。
ドモリになったのは
子供の頃に、ひどいギッチョ矯正をさせられた?

音楽の流れるヘッドホンを聞きながらスピーチすると流暢に話せる

王室タブーの秘密、テンカンの王子がいて早死。

実話だが、王妃の遺言で  これまで非公開とされた。
=======
基本情報

The King's Speech
監督 トム・フーパー
脚本 デヴィッド・サイドラー
製作 イアン・カニング
エミール・シャーマン
ガレス・アンウィン
製作総指揮 ポール・ブレット
マーク・フォリーニョ
ジェフリー・ラッシュ
ティム・スミス
ハーヴェイ・ワインスタイン
ボブ・ワインスタイン
出演者
コリン・ファース
ヘレナ・ボナム=カーター
ジェフリー・ラッシュ
音楽 アレクサンドル・デプラ
撮影 ダニー・コーエン
編集 タリク・アンウォー
製作会社 シー・ソウ・フィルムズ
ベッドラム・プロダクションズ
配給 アメリカ合衆国 モメンタム・ピクチャーズ
日本 ギャガ
公開 アメリカ合衆国 2010年11月26日
イギリス 2011年1月7日
日本 2011年2月26日
上映時間 118分
製作国イギリス  オーストラリア アメリカ合衆国
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
75位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line