FC2ブログ

路上のソリスト~概要ですが最後までネタバレ編

概要ですが最後までネタバレ

実話

『ロサンゼルス・タイムズ』紙にてコラム「西の視点(ポインツ・ウエスト)」

を連載している名物記者スティーヴ・ロペス。

路上で弦が2本しかないヴァイオリンを弾くナサニエル・エアーズと出会う。

ナサニエルはジュリアード音楽院に在籍したことがあるチェロ奏者だったが、

現在はホームレスになっていた。

興味を覚えたロペスは、生い立ちを記事に連載する。

しばらくして、ナサニエルに同情した読者から、

チェロが届く。

ロペスはそれを餌にナサニエルを「更生」させようとする。

支援センターへの入居

すると、センターの収容者に チェロを聴かせるようになる

なぜ ホームレスに?

オーケストラからオファー

練習場所にアパートを用意。

最初はいやがるが、練習開始。

次第に昔の感覚を取り戻し、コラムのおかげで、

名前が知られるようになったナサニエルのために、リサイタルが計画された。

リサイタル当日。

集まった聴衆を目にして、ナサニエルは動揺してその場から逃げ出してしまう。

スティーブは、ナサニエルに再び音楽の世界を取り戻して欲しいと努力するが、

返ってナサニエルにとって大きな負担になってしまう。

その後、ナサニエルは施設に戻った。

統合失調症で、ホームレスに?

本人は認めないで、否定して荒れ放題になる。

ある日、ナサニエルの姉が訪れ、彼の身元保証人になった。

スティーブは現在もナサニエルと友情を育み、時々2人で演奏会に出かけます。

これからも支援や治療は続いてゆく。

THE END


スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
130位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line