FC2ブログ

ハンフリー・ボガート 最も偉大な男優の1位

casablanca6sss.jpg

愛称はボギー
1999年に AFI(全米映画協会)が選出した「映画スターベスト100」で男優の1位に。
ニューヨーク出身
40歳を過ぎて主演した『マルタの鷹』で、ハードボイルド・スターの地位を確立。
==
アメリカ映画の至宝「カサブランカ」で、圧倒的な存在感をします。
恋愛恐怖症のボギーに、お熱の女性が尋ねる。
『昨日の夜は、どこにいたの?』
『そんな昔のことは覚えてないね』
『今夜はどうするの?』
『そんな先のことは分からないさ』
===
『アフリカの女王』で アカデミー賞主演男優賞を受賞。
https://ameblo.jp/rennaieiga/entry-11530777882.html
1940年代 - 1950年代を代表する名優として、
時代の象徴的存在に挙げられることが多い。
===
紅の豚2

ボギーを賛美する映画はいくつもあり、
ウディ・アレンの「ボギー!俺も男だ」
「勝手にしやがれ」で、主人公はボギー崇拝
「紅の豚」 その他
===
これまでの出演作
マルタの鷹(1941)C~米男優ナンバーワンとなったボギーの代表作
https://ameblo.jp/rennaieiga/entry-11469116256.html
カサブランカ(1942)A~はアメリカ人にとって国宝級の映画
77hikoboshi.blog111.fc2.com/blog-entry-1776.html
脱出(1944)C~ボギーが死ぬまで愛した妻との共演
https://ameblo.jp/rennaieiga/entry-11633490238.html
黄金(1948)B~ハンフリー・ボガート、砂金に目がくらんで狂っていく
http://77hikoboshi.blog111.fc2.com/blog-entry-2854.html
キー・ラーゴ(1949)
東京ジョー(1949)
アフリカの女王(1951)C~ハンフリー・ボガート、アフリカの大河を渡る冒険もの+恋愛
https://ameblo.jp/rennaieiga/entry-11530777882.html
アカデミー主演男優賞 受賞
ケイン号の叛乱(1954)
麗しのサブリナ(1954)C~ラブコメの傑作、ヘプバーンのファッションショー
https://ameblo.jp/rennaieiga/entry-11421110128.html
裸足の伯爵夫人(1954)A~恋愛が地獄に変わることについて~不義の子供を 夫に「あなたの子よ」とおしつける
http://77hikoboshi.blog111.fc2.com/blog-entry-249.html
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
90位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line