FC2ブログ

命(2002)C~東由多加と柳美里の実話

.

命(2002)C


★数行で映画紹介しなければ

柳美里の小説を映画化

東由多加と柳美里の実話

★ショウトしょうとSHORT

愛するとは 思いにとどめること

柳 美里(ゆう みり)

在日韓国人の小説家、劇作家。
国籍は韓国。
1997年芥川賞受賞。


完全あらすじ


★仕入れた情報

東由多加とは「東京キッドブラザース」
入団後まもなくの16歳の頃から(東は当時39歳)約8年間同棲し、
別れた後も東の死去まで交流があった。
18歳の時、東由多加に「あなたは演じるより書きなさい」とアドバイスされ、
以後は舞台女優としてではなく、
劇作家として演劇に携わるようになった。

既婚者である男性との間に長男を妊娠し、
結局その男性と破局した際も東由多加はよき相談相手であった。

東が2000年4月に死去するまでの3ヶ月間、
柳の長男を一緒に育てたが東の臨終には立ち会えなかった。
東由多加の葬儀の際は葬儀委員長を務める。

========

★基本情報

監督
篠原哲雄
脚本
大森寿美男
原作
柳美里
出演者
江角マキコ
豊川悦司
音楽
村山達哉
撮影
浜田毅
編集
冨田功
冨田伸子
配給
東映
公開 2002年9月14日
上映時間111分
=====


筆者の公式サイト

話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける

=====

スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
92位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line