FC2ブログ

ウォーク・トゥ・リメンバー~最後に盛り上がった



ウォーク・トゥ・リメンバー(2002)

○映画基本情報(他から引用)

A Walk To Remember

監督 アダム・シャンクマン
脚本 カレン・ジャンツェン

出演者
マンディ・ムーア
シェーン・ウェスト
ダリル・ハンナ
ピーター・コヨーテ

高校生ランドン(シェーン・ウェスト)は、
離婚した母と2人暮らし。
両親を嫌って反発的になり、
騒ぎばかり起こす無為な日常を送っていた。

一方、同じ学校に通う
ジェイミー(マンディ・ムーア)は優等生。
演劇部に所属し、慈善活動にも精を出す。
強い信念を持ち、亡くなった母を慕い、
牧師で厳格な父と暮らしていた。


★私の映画 しょーと ショート SHORT

いつものように 
まとまりのないもので 
ごめんなさい。

まずの感想は、
ベタだけど、
最後にやられたラブ・ストーリー。

「君に読む物語」
のニコラス・スパークス小説の映画化

人の死をみまもると、
人は成長し、優しくなる。
人の痛みがわかるからだ。


1.展開

前半
どこにもある不良の高校学園もの
退屈。

それが後半
意外な展開
「君に読む物語」に
似ているといえば似ている展開。

最後の終わらせ方が
自分的には大好きな終わらせ方だ。
お洒落だ。
最近観た映画では
「グッドナイトムーン」がそうだった。

ホロリときました。

2.男と女

牧師の父子家庭で育った女性と母子家庭の男性

幼なじみ、10代の恋、そして結婚。

その結婚は普通の結婚ではなかった。

不幸になると周辺の人々が、
いじめをやめ、優しくなる。


3.他の作品との比較

「ある愛の詩・ラブストーリー」と似た映画だ。

よければ「ラブストーリー」のような
名曲があるともっと感動を助長したのに、
ちょっと残念。

4.気に入ったセリフ

神は私の夢より、
大きな計画があったのね。
魂の旅よ、
あなたは私に神が与えた天使よ。


「奇跡は起こりませんでした」
「起きたよ 君だ」  
スポンサーサイト



line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
90位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line