FC2ブログ

間諜最後の日(1936)E~ヒッチコック、モームの実体験に基づく、スパイ小説古典

.

間諜最後の日(1936)E


★数行で映画紹介しなければ

第1次世界大戦とロシア革命のさなか、中立国スイスを拠点に諜報活動をする英国男


★ショウトしょうとSHORT

サマセット・モームの短編小説集『アシェンデン』収録

の「The Traitor」と「The Hairless Mexican」の映画化

モームの実体験に基づく、スパイ小説の古典

情報部長Rが登場、007のMの原型?

==

ヒッチコックらしくない、

最後は、つじつまが悪い

終わらせ方です。 意味不明。


完全あらすじ


========

★基本情報

原題Secret Agent

監督
アルフレッド・ヒッチコック
脚本
チャールズ・ベネット
原作
サマセット・モーム
『アシェンデン』所収
「The Traitor」
「The Hairless Mexican」
出演者
ジョン・ギールグッド
音楽
ルイス・レヴィ
撮影
バーナード・ノールズ
製作会社
ゴーモン・ブリティッシュ
配給
ゴーモン・ブリティッシュ
三和商事/日本ヘラルド(リバイバル)
公開
1936年5月
上映時間87分
製作国 イギリス

=====
元宝塚トップ出演の劇をプロデュースします。アソシエイトですが
ツイッター写真
えまおゆうスクリーンショット (401)
田村幸士スクリーンショット (400)
森田晋平スクリーンショット (399)


筆者の公式サイト

話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける

=====

スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line