FC2ブログ

ノッティングヒルの恋人(1999)A~ラブコメ女王とラブコメ帝王

ノッティングヒルの恋人


ノッティングヒルの恋人(1999)A

恋愛映画での必須アイテムは男女俳優の魅力

俳優の魅力で恋愛映画は、ぐいぐいとロマンスの世界へ

これまでの映画で、思う浮かぶカップルは

ハンフリーボガードとイングリッドバーグマン

ケーリーグラントとデボラカー

リチャードギアとジュリア・ロバーツ

そして本作の

ジュリア・ロバーツ, ヒュー・グラント

互いにラブコメの女王とラブコメの帝王

と言う異名を持つので、

二人が出ているだけで恋愛映画が成立してしまっている。

本作は、ありきたりの話しで

ひとことで言うと「ローマの休日」の男性版

思い出したのは

オリビアニュートンジョンの実話 

映画で共演したトラボルタとのロマンスが破局した後、

バックダンサーと結婚している。

何か共通のものを感じた。

本作の概要

バツイチの冴えない男ウィリアムは、

ロンドン西部のノッティング・ヒルで旅行書専門の書店を営んでいる。

ある日どこかで見たような女性が訪れる。

それはハリウッドのスター女優、アナだった。

本を買ったアナは微笑んで店を去る

不思議な赤い糸でつながっていた。

監督: ロジャー・ミッチェル.

出演: ジュリア・ロバーツ, ヒュー・グラント

★印象深いセリフ

「忘れないで 私はただの女の子、

大好きな男に告白している女の子なの」

これジュリアだから、いいんであって、
彼女でないと感動できるだろうか?

いるだけでいい映画

★さえないタレ目のヒューグラント

二枚目とかクールな演技でなくて

母性本能をくすぐる駄目駄目男

彼の専売特許ですね。
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
43位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line