FC2ブログ

ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ~概要ですが最後までネタバレ編

.

概要ですが最後までネタバレ

F・スコット・フィッツジェラルドやアーネスト・ヘミングウェイを、

この世に送りだした名編集者パーキンズ。

パーキンズは誰も見向きもしなかった

トーマス・ウルフが持ち込んだ原稿を読み込み

彼の編集をひきうける。

パーキンズは、ウルフの膨大な長編を短くしていき、ウルフの作品は出版される。

“天使よ故郷を見よ”は、ベストセラーに。

しかし世間はパーキンズの編集のお陰だと言われるだけだ。

たしかに、こんな編集者を見たことがない。 

かなり原稿をいじっているからだ。

ウルフは自分ひとりで出版すると宣言して、パーキンズから離れて行った。

シアトルを訪れている最中に肺炎にかかり、

合併症を起こし脳内の粟粒結核(ぞくりゅうけっかく)と診断。

病巣は彼の右脳全体に広がっており、根治手術は不可能と判断。

ウルフは意識を回復すること無く、38歳の誕生日を18日後に控えた

1938年9月15日に結核性脳炎が原因で亡くなった。


THE END
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
73位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line