FC2ブログ

花戦さ~概要ですが最後までネタバレ編

.

概要ですが最後までネタバレ

簡単なあらすじ

池坊、日本の華道家元。いけばなの根源。

その花僧集団にいた「専好」の話。


*

天正元年(1573年)、京都にある頂法寺六角堂に

生け花を通して仏を説く池坊と呼ばれる花僧らがいた。

中でも専好は僧だが、生け花は天才的。

信長の前で、登り龍の松を生けたが

献上の際に、信長の目の前で、生けた松が折れてしまう。

打ち首寸前を、秀吉の機転で助けられる。


天正13年(1585年)。専好は六角堂のリーダーになる。

千利休と親しくなる。

利休の切腹で、専好は町民らによる利休の四十九日法要を盛り立てる。

激怒した秀吉は供養実施者や秀吉の悪口を言う民衆を処刑する。

専好は”花の力”をして命懸けで秀吉を諌めんと決意。

「花いくさ じゃ!」

秀吉に大作生け花を献上、そして猿の絵画を見せて、秀吉の怒りをかう。

石田三成らに処刑されるはずだが、秀吉が改心するというありえない展開。


THE END
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
73位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line