FC2ブログ

小林多喜二~概要ですが最後までネタバレ編

.

概要ですが最後までネタバレ

小林多喜二は、一九〇三年(明治36年)秋田の貧しい農家に生まれ、

四歳の時、一家は伯父のいる北海道小樽に移住した。

伯父のパン工場で働きながら彼は、小樽商業から高商(商大)へと学んだ。

一九二四年(大正13年)北海道拓殖銀行に勤めた多喜二は、

帳簿をつける合間に小説を書いていた。

彼は文学にうちこみ、同時に労働者、農民闘争に参加した。

「一九二八年三月十五日」を書きあげた。

この作品によって多喜二は名実ともにプロレタリア作家となった。

その後、「蟹工船」「不在地主」と発表し、銀行を解雇された。


一九三〇年(昭和5年)多喜二は上京し、積極的に活動した。

治安維治法で豊玉刑務所に収容された。


翌三十一年、日本共産党に入党した。

「党生活者」「地区の人びと」などを発表する多喜二を、

警察は“見つけたら殺す”を合言葉に必死になって捜索した。


一九三三年二月二十日に逮捕され、

その日のうちに拷問にかけられ虐殺された。

THE END

スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line