FC2ブログ

アニー・ホール~ウディ・アレン、ダイアン・キートン、会話を楽しむ恋愛映画

アニー・ホール

ウディ・アレン作品で上位に挙げられ、唯一ア賞作品、監督賞その他を受賞

アニー・ホール(1977)A


★数行で映画紹介しようよ

物事を悲観的に考えるコメディアンと楽観的に考える歌手が

違いすぎるからこそ、恋に落ちるが、やはり性格の違いから別れてしまう。

★ショウトしょうとSHORT

本作での男女の会話に納得する人には面白い作品ですが

この手の会話を楽しむ作品が嫌いな方が多い。

演出が、観客に話しかけたり、その他ハリウッドでは斬新手法で、

ア賞作品賞をとったが、

ゴダール、トリュファー、フェリーニらの手法の延長線にある。

イングマール・ベルイマンとフェデリコ・フェリーニが、アレンが敬愛する映画監督。


アニー・ホール2


ポールサイモンがアニーの次の恋人として、

「ティファニーで朝食を」のトルーマン・カポーティも登場します。

★アカデミー賞

最優秀作品賞受賞 - チャールズ・H・ジョフィ、ジャック・ローリンズ
主演女優賞受賞 - ダイアン・キートン
監督賞受賞 - ウディ・アレン
脚本賞受賞 - ウディ・アレン、マーシャル・ブリックマン
主演男優賞ノミネート - ウディ・アレン

★AFI 100 Years series(アメリカ映画協会)


アメリカ映画ベスト100の35位



アメリカ喜劇映画ベスト100の4位



アメリカ恋愛映画ベスト100の11位



映画脚本ベスト101の6位



★米エンターテインメント・ウィークリー誌

アレン監督作ベスト10

1.「アニー・ホール」(1977)
2.「マンハッタン(1979)」
3.「マッチポイント」(2005)
4.「ウディ・アレンのバナナ」(1971)
5.「カイロの紫のバラ」(1985)
6.「ハンナとその姉妹」(1986)
7.「スリーパー」(1973)
8.「ウディ・アレンの重罪と軽罪」(1989)
9.「What's Up, Tiger Lily?(原題)」(1966)
10.「カメレオンマン」(1983)


========

★基本情報

原題 Annie Hall

監督 ウディ・アレン

脚本
ウディ・アレン
マーシャル・ブリックマン

出演者
ウディ・アレン
ダイアン・キートン(元ウディアレンの恋人)

上映時間 93分

製作国 アメリカ合衆国

============

アで、はじまる恋愛映画(洋画編)




恋愛映画めざせ2000本~タイトル、アイウ順索引



by 村上サガン


スポンサーサイト



line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
92位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line