FC2ブログ

マダム・フローレンス! 夢見るふたり~概要ですが最後までネタバレ編

.

概要ですが最後までネタバレ

実話

1944年、アメリカ・ニューヨーク。

夫に梅毒を移されて、髪の毛のない大富豪婦人フローレンス。

その当時新薬もないが、かろうじて生きていた。

フローレンスは稀に見る大音痴。

だが、歌うのが好きで、金にものを言わせて、

観客を買収。

笑わない客や、イカサマ記事を書かせる新聞記者だけ。

フローレンスの次の夫シンクレアは毎回蔭で暗躍。

自分が音痴だと知らずに

カーネーギーホールでコンサートを開く。

買収に成功するが、シンクレアに内緒で、

ニューヨークポストの記者を、呼んでいた。

聴いた記者は真実を記事にする。

翌日の朝刊は、おおむねフローレンスに好感を持つ紙面が掲載されていた。

ただひとつ、ニューヨークポスト紙の記者だけが

「独りよがりでお粗末なリサイタル」「音楽への冒涜」となじっていた。

それを見せたくないシンクレアは、

ありったけのニューヨークポスト紙を買い占めて、

ごみ箱に捨てて、フローレンスの目に入らないようにした。

フローレンスはニューヨークポスト紙の記事が読みたい。

ごみ箱をあさり、ニューヨークポスト紙の記事を読んでしまう。

ショックを受けたフローレンスは、倒れた。

フローレンスは病床に就く。

事実を知ったフローレンスは

「みんなが私を嘲笑していたのね」と言いますが、

夫のシンクレアは否定します。

しばらく考えたのち、

フローレンスは

「ひどくっても、歌った事実は消せないわ」と言って笑った。



**

フローレンス・フォスター・ジェンキンス 1868-1944年

カーネギーホールのアーカイブの一番人気は、今もジェンキンスである
レコードはベストセラーになった〟


THE END
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
90位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line