FC2ブログ

ティファニーで朝食を食べないで(4)村上春樹評


村上春樹氏が言う、『ティファニーで朝食を』は

現代の「ちょっとした古典」として、

世界中で今でも読み継がれている。

多くのその時代の「古典候補」が歳月の試練に

耐え切れず、坂をずるずると滑り落ちていったあとでも、

本作はしっかりと生き延びている。

その物語世界は多くの人々の心の中に根を下ろしている。

しかしカポーティは直接体験したことしか書けなかった。

彼は天性の優れたストーリーテラーではあったが、

どこからでも自由に物語を創り上げていく

能力は持ち合わせていなかった。


完璧な文章だと評している。

感覚的な描写が影をひそめ、実にうまく均整のとれた、

簡潔でなおかつ意を尽くした文章に仕上がっている

翻訳しながら「うまいなあ」と何度も感心させられた。

=====

何度も言いますが、映画は小説とはあまりに違いすぎます。



==============
スポンサーサイト



line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
101位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line