FC2ブログ

愛しのタチアナ~概要ですが最後までネタバレ編

.

概要ですが最後までネタバレ

フィンランドの田舎町

ヴァルトとレイノは、車で、

あてもない旅に出る。

バーに寄ると、タイヤがパンクし足止めを食らっている路線バスの乗客たちがいた。

乗客のエストニア人・タチアナとロシア人・クラウディアの女2人は、

故郷へ帰るために港へ向かう途中だった。

「港まで乗せて」

男たちは断る理由も無く女たちを港まで連れて行くことに。

無口なヴァルトやレイノは、女たちと会話もせず、

沈黙を破ろうとタチアナが自己紹介してみるが、返事さえできないシャイな男たちなのです。

夜を迎え、一行は道中の安ホテルで、ひとつのシングル部屋に4名で宿泊。

部屋に入っても、会話することはない。

レイノはタバコを手にしたまますぐに寝てしまい、

タチアナはレイノを起こさないようベッドの半分に横になりました。

同じくヴァルトもただ寝るだけで、何も起きないまま4人はホテルを後にする。

男たちが車中で仮眠していて、夢でうなされるヴァルトの汗を助手席のレイノが拭く様子を、

外からタチアナがじっと見ていました。

目が合ったレイノはタチアナのことが気になり、勇気を出して車を降りタチアナの隣に座る。

タチアナがレイノの肩にもたれかかってきたので、

レイノはどぎまぎしながらタチアナの肩に手を回しました。

港へ到着し別れの時がやって来て、女たちは船に乗り込む。

2人とも躊躇わず乗船し、女たちの後を追う。

レイノは船のデッキでタチアナと2人きりになる。

一方のヴァルトはクラウディアに見つめられるも、何もできない。

駅に着き、クラウディアはロシアへ帰って行った。

タチアナの家まで送り、

到着すると突然レイノは「俺はここに残る」と

言ってタチアナの頬にキスすると2人は家の中へ消えて行った。

帰宅したヴァルトは何事もなかったかのように、ミシン縫い仕事を再開。

THE END
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
29位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line