FC2ブログ

妻と女秘書(1936)B~クラーク・ゲーブル妻と女性秘書の三角関係

.
妻と女秘書
.
妻と女秘書(1936)B

★数行で映画紹介しなければ

クラーク・ゲーブル妻と女性秘書の三角関係

★ショウトしょうとSHORT

なかなかのストーリーで、最後の秘書の決め台詞は印象的。


1930年代のハリウッド美人基準は僕的には不思議で、

化粧もまつ毛も変で、美人じゃない女優ばかり。

本作では美人が一人もいない。

ジーン・ハーロウが美人なんだ。僕は思いません。

アイリーンダンがこの頃の美人女優だと思いますが。


完全あらすじ


========

★基本情報

原題 Wife vs. Secretary

監督 クラレンス・ブラウン
脚本
ノーマン・クラスナ
ジョン・リー・メイヒン
アリス・デュア・ミラー

原作 フェイス・ボールドウィン

出演者
クラーク・ゲーブル
ジーン・ハーロウ
マーナ・ロイ
ジェームズ・ステュアート

上映時間88分
製作国 アメリカ合衆国

============

三度重版のマイ執筆
ヴィオロンの妻 以下 Amazon

ヴィオロンの妻 

実話~妻はコンサートマスターのバイオリニスト、国立音大卒
稀に見る妻を持った夫の苦悩と死 不倫された夫はどうするか?
ヴィオロンとは仏語でバイオリン

話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける

著作一覧

=====
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
29位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line