FC2ブログ

薔薇の名前~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

1327年、教皇ヨハネス22世時代

北イタリアのカトリック修道院を舞台に起きる怪事件の謎を

元異端審問官の修道士が解き明かしていく。

修道僧が塔から落ちて怪死

翌日に2人目の死体が発見される。

ショーン・コネリーと弟子のアドソが事件捜査にあたる。

死んだ2人の僧は図書室で仕事をしていたことを知り図書室を訪れるて、

暗号が書かれたメモを発見する。

解読しようとしたとき、潜んでいた副司書のベレンガーリオがある本を持ち去ってしまう。

ベレンガーリオが事件の鍵を握っていると確信したショーン・コネリーは探すが、

翌朝、ベレンガーリオは浴槽で溺死体となっていた。

死んだ3人の死の原因には禁書が関係していることを突き止めたショーン・コネリーだったが、

異端審問官ベルナールの到着により、修道院長はショーン・コネリーに調査の打ち切りを言い渡す。


その後、持ち去られていた禁書を見つけた僧が殺され、犯人として僧レミージョが拘束される。

ショーン・コネリーは犯人は他にいて殺人はまだ続く、と異を唱えるが、

ベルナールはレミージョを異端とし、一連の殺人事件の犯人として有罪の判決を下す。

異端者が火あぶりになろうとしていたとき、僧マラキーアが死ぬ。

ショーン・コネリーとアドソはすべての鍵を握る禁書を探し出すべく、塔の隠し部屋に向かい、

そこで禁書を持ったホル長老を発見する。

ホル長老は禁書が公になることを恐れて火を放ち、塔全体に燃え広がる。

ショーン・コネリーとアドソは真相を胸に秘めたまま教会を後にして故郷へ戻る。



過去に起きた、忘れ難い出来事を
老いたアドソが今
手記におこしている設定のために
終わりも手記の締めくくりで

師から多くのことを学んだ
英知 良心 真実を
別れの時に師から眼鏡をもらった
いつか役に立つ時がきっと来るだろうと
今 その眼鏡をかけて
この手記を書いている
師は父のように私を抱きしめ
お互いに別れた
その後 二度と会うこともなく
消息も知れない
神よ 師の魂を受け入れ
鋭い知性ゆえに本に執着した
ささやかな罪を許したまえ
そんな私もすっかり年老いてしまった
長い人生で大勢の人に出会ってきたが
あの娘は鮮明に覚えている
懐かしい夢のような
遠い昔の思い出
この世で たった1人の恋人
もはや永遠に知ることはないだろう
その名前を。



アドソの少女との別れは、とてもせつなく泣けそうになる。

ラブストーリーです。

冷静になると、ちょっとやりすぎだと思うけど。


THE END
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
90位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line