FC2ブログ

処女の泉(1960)D~イングマール・ベルイマンの淡々映像

.

処女の泉(1960)D


★数行で映画紹介しなければ

一人娘がレイプされてしまう。

★ショウトしょうとSHORT

映像が黒沢監督の雰囲気ですね。

ただただ冷酷。

宗教の考えが理解できません。



完全あらすじ



========

★基本情報

原題 Jungfrukallan

監督 イングマール・ベルイマン

脚本 ウラ・イザクソン

出演者
マックス・フォン・シドー
ビルギッタ・ヴァルベルイ
グンネル・リンドブロム
ビルギッタ・ペテルソン

上映時間89分
製作国 スウェーデン
============

三度重版のマイ執筆
ヴィオロンの妻 以下 Amazon

ヴィオロンの妻 

実話~妻はコンサートマスターのバイオリニスト、国立音大卒
稀に見る妻を持った夫の苦悩と死 不倫された夫はどうするか?
ヴィオロンとは仏語でバイオリン

話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける

著作一覧

=====
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
92位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line