FC2ブログ

男と女の詩~クロード・ルルーシェの幸せの黄色いハンカチ

.
男と女の詩

「男と女の詩」(1973) A

男の方がロマンチスト、男の心はガラスのハート。

本作は「幸せの黄色いハンカチ」のような映画です。

恋人のいる男が刑務所から出てくる。
男は気弱になる。
実際に経験はないが自信喪失するのだろう。
男は弱い。
女性はどうだろう。 
強いというか居直るのだろうか。


筆者が書いた「SAKIMORI」から引用する。
sakimmori-cover2.jpg



会議が終わって、竹島が帰った後に、親しいスタッフと映画談義になった。

「サーキー、『男と女の詩』という映画、知ってる?

この前、裕子に尋ねられて、知っていると嘘をついてしまった。

DVD化されてないので、どんな映画か教えてよ」

と黒いサングラスをはめた白沢監督が尋ねて来た。

「ああ、クロード・ルルーシュの作品ね」

「シャバダバダか」

「『男と女の詩』は、映画『男と女』のエンディングから始まるの」

「ほう、やっぱりシャバダバダだ」

「私は『男と女』より、この作品が好きよ。 

ひと言で言うと『黄色いハンカチ』のフランス版ね」

「お! 高倉健の『幸福の黄色いハンカチ』の話かい?」

「そう。宝石店を襲撃するんだけど失敗して、刑務所に入った男が出所するのよ。

タイトルは『La Bonne Annee』、フランス語で新年の挨拶。Happy New Yearね」

「面白そうだ。それで? フランス映画はまったく苦手でね」

「新年を迎えるにあたって出所するわけ。男には内妻に近い恋人がいたのよ。

でも突然の特赦で釈放されることになる。

彼女は知らない。 6年も刑務所に入っていたので、男はすぐに彼女の家に直行できないの」

「健さんと、同じだな」

「男はなかなか帰れない。 やっと迷って、彼女の家の近くまで来て、家の中をうかがうわけ。

すると家には見知らぬ男が主人顔で出入りしているので、 男は去ることを決意する。

でも最後にひとこと、女の声を聴きたくて電話するの」

「男はガラスのハート、気は弱いけど、せっかくなので、お別れと皮肉のひとつも言いたいよな」

「ベットにいた女が電話に出ると隣に他の男が寝ている。

男は『俺だ、出所した』と告げた瞬間に、女は意外なことを言うの。

その男を追い出して『待っている、すぐ来て』と言うの」

「ほほ~、それで」と、監督は目が輝いた。

「再会すると、女は言うの『あなたを待っていたの。

でも 私は女よ、恋をしていないと女を維持できないの』 

男は信用できない顔しながら、黙って彼女の顔を見る。

そこで映画は終わる。おそらく二人で暮らす方に展開しそうだと思ったわ」

「渋いというか、人生の辛酸をなめた本当の男と女の話だな」
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
101位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line