FC2ブログ

女が階段を上る時(1960)A~銀座マダムのリアルな実態

女が階段を上る時2
.

女が階段を上る時(1960)A


★数行で映画紹介しなければ

約七百軒のバーがあった銀座の夜のピーク時代

銀座マダムの実態をリアルに描写

★ショウトしょうとSHORT

女性を描いたら日本一の監督・成瀬巳喜男の最高傑作のひとつ。

銀座、夜の12時前

一万五千から一万六千人の女性が家路につく。

車で帰るのは一流

電車が二流

客と宿泊するのが三流



大金を故意に預けて帰りに口説く見せ金作戦。

マダムやホステスをだます様々な悪男たちが登場。



共演した仲代達矢が高峰秀子の魅力を語る

「美しいだけじゃない、きれいだけじゃない、

それから、かわいらしいという要素を削いだ女優」

「日本の女優には非常に珍しく、人間のニヒリズムってものを強烈に出した人。

女の意地を演じることに長けた人」

筆者の僕は、市川雷蔵や岡田准一に共通する演技をする役者だと思い、崇拝しています。


完全あらすじ


★仕入れた情報

主要人物の衣装考証を主演の高峰秀子が兼任している。
========

★基本情報

監督 成瀬巳喜男

脚本製作 菊島隆三

出演者
高峰秀子
団令子
仲代達矢
加東大介
中村鴈治郎
小沢栄太郎
淡路恵子

音楽 黛敏郎

上映時間 111分
============
コメントは、こちらにメールください
77hikoboshi@gmail.com

話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける

著作一覧

=====
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
90位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line