FC2ブログ

別離(1968)~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

30歳のルシール(カトリーヌ・ドヌーヴ)は、

50歳の金持紳士シャルルと同棲していた。

ルシールは、ぜいたくで怠惰な生活を愛し、

シャルルは、そんな彼女のすべてを許す男だった。

ある春の日、社交界の集まりでルシールは、アントワーヌという青年と知りあった。

彼も30歳。

出版社につとめ、社交界の女王と言われたディアンヌの情人だった。

ルシールはアントワーヌと恋をして、そのまま暮らしてしまう。


出ていくルシールに言う。

「ねえ、リュシール、あなたはわたしのところに帰ってきますよ。

わたしはあなたのためにあなたを愛しているのです。

アントワーヌはあなたといっしょにいるためにあなたを愛しているのです。

彼はあなたと幸福でいたいのです。

彼の年ではもっともなことです。

だがわたしは、自分のことを離れて

あなたが幸福であることを望んでいるのです。

わたしは待つ以外にありません。

あなたはわたしのところに帰ってきますよ。

なぜなら、わたしがそういうあなたの欠点を

皆知っているということをあなたは知っていますからね」



時はすぎ、ルシールがアントワーヌの子を宿した。

ルシールは産む気がないが、堕す金もない。

以下が 原作
手元には四万フランしかなく、
彼女は妊娠していた。
長い戦いのあとで、
彼女はとうとう人生に追いつかれて動きがとれない
ようにさせられていた。

ためらったが、シャルルのもとへ。

シャルルはすべてを解決する。

再び、ぜいたくな暮らしのシャワーをあびるルシール。

そのままシャルルのもとで暮らす。


THE END
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
59位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line