fc2ブログ

白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々(2005)D~トーマスモア?

.

白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々(2005)D


★数行で映画紹介しなければ

反ナチス運動を展開したドイツ大学生のゾフィー・ショルが逮捕され、

5日間という短い尋問の末の判決、処刑に至るまでを描く。


★ショウトしょうとSHORT

邦題からわかりきっていますので

今回はネタバレは別にしません。


本作を映画にする意味は何だろう?


ドイツの敗戦は濃厚になった頃1943年

大学生が以下のビラを

「ヒトラーは詐欺師

20万人以上が無駄死に

早く戦争をやめよ!」

ナチス少女団に入って、ヒトラーに期待したが裏切られた。

まさか即処刑と思わなかったのか?

トーマスモアと同じ意地っ張りか?

20歳頃の無謀なつっぱりすぎか?

即裁判 その日1943年2月22日に処刑。

約795日後にドイツは降伏。



よくある話ですよ。
今、北朝鮮、中国で行われている。


僕らが学ぶのは

狂犬に正しいことを主張しても、馬の耳に念仏ということでしょうか?

========

★基本情報

原題 Sophie Scholl

監督 マルク・ローテムント

脚本 フレート・ブライナースドーファー

キャスト
ユリア・イェンチ
ファビアン・ヒンリヒス

上映時間 120分
製作国 ドイツ

字幕翻訳 吉田由紀子
============
コメントは、こちらにメールください
77hikoboshi@gmail.com

話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける

村上サガンの著作一覧

=====
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
40位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line