fc2ブログ

1960年代フランス恋愛洋画 

鑑賞本数は一万本をこえ、

その中から恋愛映画本数1800本をこえましたので

その中からフランス恋愛映画を年代順に。

フランス恋愛映画の黄金期です。

セシールカット
セシールカット

カトリーヌドヌーブ
カトリーヌドヌーブ

アランドロンよりフランスで人気男優ジャン=ルイ・トランティニャン
Jean-Louis Trintignant

クロード・ルルーシュのフランシス・レイ黄金コンビ


ヌーベルバーグのゴダールとトリュフォー



フランス映画60年代  27作

C評価=普通に面白い


シェルブールの雨傘(1963)A~フランスミュージカルNO1


シェルブールの雨傘


男と女(1966)A~フランスの代表的な恋愛映画


アヌクエーメ2


鬼火(1963)A~ルイ・マル監督、男が死にたいと思った気持ちに感銘


鬼火


恋するガリア(1965)A~「男と女」に匹敵するフランス映画秀作


ミレーユダルク

かくも長き不在(1961)A~あなたは夫なの他人の空似?


暗くなるまでこの恋を(1969)A~トリュフォーで一番好きな映画

暗くなるまでこの恋を

カルトの傑作

まぼろしの市街戦(1966)A~戦争ものではない、フランスカルト映画の傑作

===============================


さよならをもう一度(1961)B~イングリッド・バーグマン、フランソワーズ・サガン「ブラームスはお好き」

さよならをもう一度


パリのめぐり逢い(1967)B~浮気夫に、しばしのツンデレ

パリのめぐり逢い


太陽がいっぱい(1960)B~アランドロンの出世作、なりすまし殺人


太陽がいっぱい



別離(1968)B~カトリーヌ・ドヌーヴ、フランソワーズ・サガン「熱い恋」

別離


女と男のいる舗道(1962)B~ゴダール、娼婦を始めたナナの行方


気狂いピエロ(1965)C~ゴダールのヌーヴェルヴァーグ代表作品


モラン神父(1961)C~ジャン=ポール・ベルモンド、男女の愛の葛藤、メルヴィル作品


突然炎のごとく(1962)C~フランソワ・トリュフォー、男が夫より父になる


柔らかい肌(1964)C~トリュフォー、最後はズドーン


シベールの日曜日(1962)C~少女を爆撃死させたパイロットの病み


昼顔




個人教授(1968)C~高校生が年上の女性と恋をする


個人教授


黒衣の花嫁(1968)C~花嫁が、5人の男たちを次々に殺していく


勝手にしやがれ(1960)D~ゴダールの傑作、お尋ね者逃避行

勝手にしやがれ


あの胸にもう一度(1968)C~アランドロン、ルパン三世富士子のモデル

あの胸にもう一度



昼顔(1967)D~カトリーヌ・ドヌーブ、マゾ女の行方


雨のしのび逢い(1960)D~ジャンヌ・モロー、ジャン=ポール・ベルモンド「もう私は死んでるわ」


輪舞(1964)D~10人の男女がコトでつながる


女は女である(1961) D~ゴダールのえがく同棲中の男女


夜霧の恋人たち(1968)D~トリュフォーの結婚自伝編


太陽が知っている(1968)D~アラン・ドロン、四角関係


エヴァの匂い(1962)E~男を破産させる娼婦


ミュリエル(1961) F~アラン・レネ、過去の思いを美化して真実から回避していく



スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
45位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line