FC2ブログ

1950年代フランス恋愛洋画


BB
BB.jpg
AD
alandelon2.jpg


鑑賞本数は一万本をこえ、
その中から恋愛映画本数1800本をこえましたので
フランス恋愛映画を年代順に。


ここでやっかいなことが、
それは
フランス映画のアメリカ化

悲しみよこんにちは (1958)A~フランソワーズサガン、忘れられたおもちゃの法則


中学時代から愛読のフランソワーズサガンの
代表作だが、本作はアメリカ映画なんです。
また米映画のパリものが多く

パリの恋人(1957)A~オードリー・ヘプバーン、ハリウッド黄金期のミュージカル秀作


雨の朝巴里に死す(1954)D~エリザベス・テイラー、遊び人妻


巴里のアメリカ人(1951)D~ジーン・ケリー、レスリー・キャロン、友人との三角関係


恋の手ほどき(1958)C~もうひとつの「マイ・フェア・レディ」


フランス映画50年代 C評価=普通に面白い
ハッピーエンドより悲恋ばかり

いとこ同志(1959)B~パリの大学生の青春無常編


恋ひとすじに(1958)C~アラン・ドロン、悲恋物語

ヘッドライト(1956)C
死刑台のエレベーター(1957)C

嘆きのテレーズ (1952)C~不倫サスペンスのフランスタッチ

オルフェ(1950) C
===========
肉体の冠(1951)C
実在した伝説の娼婦マリーをめぐる愛憎劇を描く。
マリーをめぐって恋人と横恋慕したヤクザのボスの暗闘
日活映画で、よく出てくる話しで、もしかしたらオリジナル?
===========

過去をもつ愛情(1954)C~恋愛予測不能のフランス映画、恋愛サスペンス


黒いオルフェ(1959)C~運命的に出会う二人とリオ・カーニバル


恋人たち(1958)D~美しすぎる映像と彼女に恋する監督の視線


わが青春のマリアンヌ(1955)D~それは幻想なのか?


二十四時間の情事(1959)D~アランレネ、日仏合作映画


愛人ジュリエット(1950)E~ジェラール・フィリップ、夢の中に逃避する男


素直な悪女(1956)E~ブリジット・バルドー、三人の男を翻弄する女


裸で御免なさい(1956)E~ブリジット・バルドーのラブコメ


殿方ご免遊ばせ(1957)E~ブリジット・バルドー、手抜きコメディ


月夜の宝石(1958)E~ブリジット・バルドー、恋の逃避行


夜ごとの美女(1952)E
日ごろ生活苦にあえぐ貧しい音楽教師が、夜ごと美女たちと夢のひとときを楽しむのだが
監督脚本ルネ・クレール、出演ジェラール・フィリップ、マルティーヌ・キャロル
夢なので 話しがつながらないところがわかりづらい。
この発想は以後の映画に影響を与えたのは確かでしょう。


ゴダールとトリフォー

スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line