fc2ブログ

イエスタデイからはじまった解散~レット・イット・ビーの映画を語る、その9

1968年12月10日から12日

テレビ番組・ローリング・ストーンズの「ロックンロール・サーカス」で、

ジョン・レノン(ギター、ヴォーカル)、エリック・クラプトン(ギター)、

キース・リチャーズ(ベース)、

ミッチ・ミッチェル(ドラムス)による

一夜限りのスーパー・バンドが「YER BLUES」を演奏。

バンド名は「THE DARTY MAC」、和訳すると「汚いポール」。

MacとはMacCartneyの略。


ジョンはポールのどこを汚いと思ったのだろうか?

原点は「イエスタデイ」からはじまっていると思っています。

Yesterdayはポール単独作で、14歳で乳癌で死んだ母への思いをこめた歌。

ポールが、

ギターを弾きながらを弦楽四重奏をバックに録音された。

ジョンもジョージもリンゴも介在していない。


世界で最も多くカバーされた曲(ギネスブック認定)だそうです。

この曲はポールはおまけみたいに思っていた。

ジョンは、ポールのこれまで作った歌で「イエスタデイ」以外は

駄作ばかりと言っている。

共同で作っていたので、よほど、ショックだったのかもしれない。


アカペラで「イエスタデイ」を歌い、YouTubeに めざせ視聴回数10回!

==

レット・イット・ビーの映画を語る





スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
60位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line