FC2ブログ

ポール罵倒の歌~レット・イット・ビーの映画を語る、その6

映画「レット・イット・ビー」のために、

ポールが他の三名を集めた。

ポール以外は、もうこれが最後のビートルズだと思って集まってきた。

映画の中でジョージが新譜「I Me Mine」披露のシーン

リンゴとジョージが向かい合って座り、ジョージが新譜を披露、

リンゴが手を叩いて、みんな静かに!の合図。

演奏をはじめるジョージ、曲は「I MyMe Mine」。

ジョンとヨーコの二人がワルツを踊る。

ジョンは演奏しない。 

この曲が、独断的に仕切ろうとするポールを罵倒した曲だとは、

当時のポールは知るはずもなく、一生懸命セッションしている。

歌詞の内容は「耳に入ってくる言葉といえば、俺が 俺が 俺が。

涙さえもが主張する、俺が 俺が 俺が」

映画の中でポールと再び口論するジョージの姿、結局この録音活動に来なくなる。

ジョージの退席の理由も、かつてのギターの師匠ポールとの衝突だけでなく、

リーダーの役割を放棄したジョン。

ヨウコに夢中で録音中もヨウコしか配慮しないことに失望したのだ。

「I MyMe Mine」歌ってみました。

https://youtu.be/eeit35_i3ro


==

レット・イット・ビーの映画を語る


スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line