FC2ブログ

ドリアン・グレイの肖像~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。


オスカー・ワイルドの怪奇小説です。


ドリアン・グレイ卿は、女性を惑わせる独身の美青年。

友人の画家バジルがドリアン・グレイの肖像画を描く。

バジルには幼い姪がいて、ドリアン・グレイに恋焦がれていた。

2人の知人のヘンリー卿が常にドリアン・グレイにささやいて、惑わされる。

ヘンリー卿「自分の若さと美への賞賛、及び奔放な生活こそ最高」

この男の野望をドリアン・グレイも望んでいて、

肖像画に、「肖像画の方が替わりに歳を、とればいい」とつぶやく。

ドリアン・グレイの女性漁りが始まる。

若い舞台女優シヴィルと恋に落ち、結婚について、ヘンリー卿に相談する。

「まだ招いていない自宅に招待して、その日に寝る女なら結婚するな」

シヴィルは、そうとは知らずに泊ってしまう。

ドリアンは幻滅して婚約破棄、手切れ金を渡す。

その日、ドリアンは自分の肖像画が醜くなっていたのを見て驚く。

思い直して反省して復縁の手紙を書くが、シヴィルは自殺していた。

落ち込むドリアンに。

ヘンリー卿「そんな女、いずれ自殺するタイプだ」

落ち込んだ気持ちが肖像画に乗り移ったのか、

リセットしたドリアンは女遊びに励む。

ドリアンに篭絡された女性は数多く、その女性をとられた男も自殺したりする。

年をとらないドリアンは、その後20年、女性をくどける経験だけは異常に増えてくる。

20年経過しても若いドリアン。

自分の衰えを見たくないドリアンは、肖像画を鍵付きの部屋に閉じ込めていた。

いつまでも若いドリアンに、年老いた画家バジルは指摘する。

「例の肖像画に変わったことはなかったか」

ドリアンは、見せなければいいのに。

「自分の正体を見せる」と言って肖像画を見せる。

過度な酒、麻薬、女、賭け事、そして加齢で、

醜く変貌した肖像画を見て、バジルは驚く。

ドリアンは悪魔に魅入られてバジルを殺してしまう。

死体の始末を、科学者の弱みつけこみ、骨も残らずに処分される。

科学者は罪悪感に、さいなまれて自殺する。

幼女から刷り込んだバジルの姪が盛んに求婚する。

一度結婚を決意したが、思い直すドリアン。

良心が残っているだろうか?

いよいよ醜悪になった肖像画を見てドリアンは、

絵を破壊しようとする。

しばらく音信不通で、かけつけた姪らが見たのは、

美青年の肖像画と醜い老人の死体だった。


THE END
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
86位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line