FC2ブログ

黒崎くんの言いなりになんてならない~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

両親の海外赴任で寮のある春美高校に転校した由宇は、

寮にいる高校一のもて男・白河(白王子)と、

黒王子こと黒崎の両方からアタックされる。

(なぜアタック? 美人でもないのに 

ただ黒と白で、はりあっているだけ?

由宇は黒崎の髪を多数切ってしまい、

そのバツとして

「お前は俺の奴隷だ」と言われて、従うしかない由宇。

優しい白河に好きと言われながらも、

ときめきながらも、

黒崎のボディタッチのセクハラに耐える。

耐えると言うか、なすがまま。

耳をかまれたり、キスマークをつけられたり。

しかし黒崎は意外に優しい。

女子からいじめにあって助けてくれた黒崎

強く、ぐいぐいと愛してくる黒崎

観覧車に乗せられて黒崎になされるままの由宇。 

マゾ女性ですかね?


ある日 黒崎が宣言する。

「これで絶対服従の奴隷契約は終わりだ」

「なぜ?」

「お前にあきたからだ」

「それは助かる」 (これで白河との交際が深くなる)

でも、なんか元気になれない由宇。

本当は黒崎のことが好きだと気づく由宇。

白河もそのことに気づいて黒崎に由宇を譲る。

黒崎は由宇を呼び出す。

「春美坂公園へ来い。5分だけ待ってやる」

由宇は走り出す。

黒崎は3分遅刻と指摘した後

「無期限に変更する。赤羽由宇、お前は俺のもんだ。いや、俺の女だ。返事は?」

由宇 「やだよ! 私、黒崎くんの言いなりになんてならない。

でも、好きです!」

由宇は黒崎に抱きつく。

目をそらす黒崎を見て、

由宇「あ、もしかして照れてる?」

「てめえ、調子にのんなよ。キスするぞ」

由宇の方が積極的にキスする。

黒崎は一瞬硬直した後、由宇の身体に手を回します。

お姫様抱っこした黒崎に「おろしてください」と頼んだ由宇は、

「よし!帰るぞ。ついてこい!」と黒崎に命令して先に走り出す。

THE END
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
92位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line