FC2ブログ

僕らのごはんは明日で待ってる~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。


高校3年生の中島裕翔。

兄を亡くし、それ以来すっかりネガティブで、学校で孤立していた。

同級生の新木優子が体育祭のクラス対抗リレーの米俵ジャンプのパートナーに中島裕翔を指名。

中島裕翔への恋のアプローチを開始する。

新木優子は中島裕翔とは正反対で、明るくポジティブな性格を装う。

この映画で、「おお!」と思ったのは以下の会話

「風立ちぬ」などの、恋人が死ぬ本ばかり読んでいる中島裕翔。

「いっぱい死んだ人がでてくる小説持ってきた。

毎回、ジャンジャン、人が死んでしまうんだよ。

しかも浅見光彦は刑事でもないのに

しょっちゅう、殺人に出くわす

気の毒でしょう?

でも、ちゃんと立ち直って、強く生きてる

それどころか、わざわざ、また人が死にそうな場所に 

どんどん顔をつっこんでいく

見習う所が多いよね」



体育祭で、見事にリレー優勝に貢献した二人。

新木優子は優勝したら中島裕翔に告白するつもりだったと打ち明ける。

「好きになるのが怖いんだ。

楽しい想いの後には必ず空しい想いが待ってると思うと怖いんだ」と言う。

「むなしい思いって、どこかで待っているの?」

「例えば、すごい映画をみて感動するんだけど

その分 見終わったら なんか さみしくなるだろ?

そういう時 最初から見なかったら 

こんなわけのわからない さみしい気持ちにならなかったのにって

思うだろ

おいしいステーキを食べたとするじゃん

美味しくて、幸せなんだけど 食べたらなくなってしまうと悲しい」

「そんなの 当り前じゃない

食べても食べてもなくならないステーキなんて 一種の嫌がらせでしょう?

好きになるのが怖い話からステーキがなくなるのがショックって 

かなり飛ぶんだね」

「いい思いと悲しい思いを比べたら 絶対 悲しい思いの方が大きいに決まっているから」

*  

やがて大学受験の時期が近づき、

新木優子は大学に行く気のない中島裕翔に大学に行った方がいいとアドバイスする。

その気になった中島裕翔は新木優子と同じ大学を受けると言い出すが、

保育士志望の新木優子が受けるのは女子短大だった。

二人は別々ながらも大学に無事合格、中島裕翔は新たな友達もできる。

ある日、中島裕翔は新木優子の大好物だというケンタッキーフライドチキンの店へ。

カーネル・サンダースについて熱く語る新木優子。

握手すれば元気になるんだよ

新木優子には両親がおらず、

祖母の松原智恵子と二人暮しをしていることを初めて知る。

そして、新木優子は「私が泣いてる時は相当弱ってる時だから助けに来てね」と言う。



それから3年の月日が流れ、新木優子は保育士の仕事に就き、中島裕翔も就職が内定。

新木優子の祖母に挨拶に行くと、交際を猛反対される。

ある日、新木優子は突然に別れ話を告げる。

納得のいく理由がわからない。

「とにかく3年以上つきあったから それでいいじゃない。

理由はいろいろあるけど もう別れると決めたから」 



その後、兄の墓参りで、再会。

「いちど始めたらやめられないの」

律儀な新木優子。

別れた理由は、

おそらく中島裕翔が昔言ったステーキの話に新木優子は従ったのだ。

「二人の幸福はいつまでも続かない」



大学時代の後輩・鈴原えみりとの交際が始まるが、

自分ばかりを要求する愛し方で、重く苦しくなっていく中島裕翔。

とうとう窒息しそうになり別れる。



月日は流れ、社会人となった中島裕翔は、

偶然に保育園の人から新木優子が子宮筋腫で入院したことを知り病院に。

「もう迷惑だから 来ないで」

隣のベッドの人から「彼女、とても不安がっている」

「俺に迷惑をかけたくないから 負担をかけさせたくないから」と、

新木優子の態度をポジティブに考える。 

二人で行っていたデパートの屋上の望遠鏡で、

入院中の病院の屋上で一人泣いている新木優子を発見してしまう。

かつて新木優子が言った「私が泣いてる時は相当弱ってる時だから助けに来てね」を思い出した中島裕翔は、

ケンタッキーフライドチキンの店からカーネル・サンダース人形を持ち出し、

病室に運び、中島裕翔は「お前じゃなきゃだめなんだ」

「おまえがいたから 俺は脱出できたんだ

子供ができなくても 俺は一緒にいたいんだ」

と言って、カーネル人形の手と新木優子の手を握手させ、

彼女はようやく笑顔を取り戻す。

手術は無事成功し、新木優子の祖母は中島裕翔を認め、二人の交際を認めた。

中島裕翔は回復した新木優子と、食事をとりながら、

突然 キス

そして

お互いに微笑みを交わした。

**

もう子供を産む子宮はないが

彼女が希望した家族は人工妊娠とか可能性はある、希望を捨てるな。


THE END
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
130位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line