fc2ブログ

ジョージの離脱~レット・イット・ビーの映画を語る、その4



ジョージ2
ジョージ

1968年の「ヘイジュード」の一件から、

1969年には決裂しているので、68年だろう。

ジョージはバンドを離脱すると言いだした。

ビートルズ内で、ジョージは不遇で、アルバム1作につき2曲しか収録されない。

(「リボルバー」のみ3曲)

自由にリードギターを弾かせてもらえないなどと不満だった。

ビートルズが、スゴイのはメンバー全員がヒット曲を作れることだ。

曲を自作自演できるメンバーが4名もいる。

ヒットメーカーが4名とアレンジの神様ジョージ・マーティン。

恐ろしいほどのヒット集団パワー。

相乗効果も尋常じゃない。

ヒット曲の作成量は他よりは4倍のパワーがある。

ビートルズサウンドは、音楽史上の奇跡だと言われている。

ジョージが作詞作曲した名曲で

僕が好きな三曲

Beatles "Something" RARE rehearsal 1969 GEORGE HARRISON DEMO


ポールサイモンと歌う「ヒア・カムズ・ザ・サン」


ビートルズのアルバムから、ギターはエリッククラプトン。「ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス」


==

レット・イット・ビーの映画を語る


スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
44位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line