FC2ブログ

孤独な嘘(2015)C~妻不倫の三角関係

.

孤独な嘘(2015)C


★数行で映画紹介しなければ

ひき逃げ事件をきっかけに、妻の不倫が発覚する

★ショウトしょうとSHORT

「ことの終わり(1999)」によく似たストーリーです。

夫婦と未婚の間男の三角関係

「ことの終わり」は間男側から観た映画

本作はそれの夫側から観た映画

どちらの映画も男同士は最後は親しくなっていく。

これは恋愛心理学ではオーソドックス。

男2対女1での三角関係は最後は男同士親しくなる。

男は相手の男を責めるのでなくて女性を責める傾向にある。

女2対男1のケースは、なぜか女同士が最後までいがみ合う。

これはあくまでも確率で、例外もありますが・・・・

「ことの終わり」は妻が病気に、その看病を夫と間男で平等でつとめる。

本作は間男が病気になったことを夫が知る。

黙っていればいいのに、男って妻に知らせる傾向にある。

それで思いを封印していた妻は間男の看病に泊まりこむ。


★しっぺ返し

不倫は本人同士には天国だが、された配偶者には地獄です。

この残酷な現実

必ずしっぺ返しがくる。 

不倫映画の傾向として

配偶者を傷つけた者は病気になる傾向にある。

これは実に多い。

また同じ仕打ちにあうこともある。

「源氏物語」を例にすると

光源氏は義母に横恋慕して子供を妊娠させてしまう。

親父はそのことを知らないで、わが子と可愛がる。

そして光源氏にもそのしっぺ返しがくる。

彼の正室が間男の子を産んでしまう。

源氏はあとでそれに気づくが、自分の子供として

可愛がる演技をしなくてはならない。

光源氏は、もしかしたら親父も知っていたのではと思う。


★愛と憎しみは表裏一体

愛するがゆえに憎しみもいっそう増す

人を愛するということは 

この理屈を知って愛さないと 

おそらく生きていくのがつらくなる。

そして嫉妬(ジェラシー)も混ざり

何が、正常な心なのか見失い、さまよう。

♪ワンピースを重ね着する君の心は

不思議な世界をさまよい歩いていたんだ♪

井上陽水 君によせる愛は「ジェラシー」


愛の裏側 ♪


★夫は妻が浮気したらどうするか?

妻の浮気相手は夫と真逆のタイプを求める。

夫が良い男なら、浮気相手は癒し系とか・・・

これは旦那の浮気相手も同じで、配偶者への不満解消である場合が多い。

本作でも妻の浮気の原因は

妻 「あなたと違って、私に何も求めない、彼といると落ち着くの」

つまり夫とは、まったく反対なのだ。

このテーマを追求しているのがフランス人かもしれない。

「 恋の手ほどき(1958)」

妻の浮気は恋の都パリでは良くあることだ。

間男の相手はテニスか又はスケートの教師。

そんな時に旦那はどうすべきか? 

それをパリジャン(老紳士)が教えてくれる。

まず密会現場に踏み込み、女性を驚かせて、

女性に「さよなら」と言って黙って立ち去ることだ。 


★妻の浮気を知って殺す映画

「タンゴ(1993)」

 ルコント監督は不倫妻を軽飛行機に乗せて落としてしまう。

「裸足の伯爵夫人」射殺

「ショーシャンクの空に」射殺 

「うなぎ」刺殺

★妻の浮気を知って夫は自殺する

多数ありそうで、でてきません。

夏目漱石の「こころ」

不倫じゃないが、似たような自殺となると「鬼火」になります。
 
★妻不倫の名作

昼顔 ライ妻アンの娘 チャタレイ夫人~ 隣の女 恋に落ちて

マジソン郡の橋 エマニエル夫人 セックスと嘘とビデオテープ

アメリカンビューティ 死刑台のエレベーター

渡辺淳一の作品  


========


完全あらすじ


========

★基本情報

原題 Separate Lies

監督脚本
ジュリアン・フェロウズ

原作
ナイジェル・バルチン
A Way Through the Wood

出演者
トム・ウィルキンソン
エミリー・ワトソン
ルパート・エヴェレット

上映時間85分
製作国 イギリス
============
コメントは、こちらにメールください
77hikoboshi@gmail.com

話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける

村上サガンの著作一覧

=====
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
130位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line