FC2ブログ

オオカミ少女と黒王子~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

二階堂ふみは、彼氏持ちのグループに入ってしまい、彼がいると嘘をついてしまう。

写真を見せろと言われて町で見かけたイケメンを撮影して見せると、

それは同じ高校の山崎賢人だった。

山崎賢人は「フリをする代わりに俺の犬になれ」と二階堂ふみに言う。

言われたように三回まわってワンと言う。

「これで、暇つぶしができた」

学校一のイケメンに、グループは疑問を持つが、山崎賢人に、弁護してもらう。

山崎賢人は彼女がいないので、二階堂ふみと、一緒に下校したりする。

両親が別居で、一人暮らしの山崎賢人だった。

二階堂ふみに声をかけてきたクラスメートの男性とデート

男性から申し込まれて、偽の彼氏だと正直に話すと。

山崎賢人の彼女じゃなければと、男性は申し込みをやめる。

しかしこれはフェイクで、山崎賢人に仕込まれたものだった。

「おまえは、だまされやすいんだな」



二階堂ふみは、だんだんに山崎賢人を好きになり告白するが、山崎賢人は相手にしない。

「それは勘違いだよ」

「オニ!」

しかしあきらめないで、訴えると。

山崎賢人はフェイクで、好きだと言って喜ばせるが。

嘘と知って傷つく二階堂ふみ。

二階堂ふみは女子グループから疎外されるのを承知で真実を告白。

それ以来、二階堂ふみは彼に近づかない。



その隙に、彼女を慕う男子生徒がたずねる。

「どこが好きなんですか?」

「自分でもわからないの。あんなにひどいことをされて。でも好きだったんだね」



山崎賢人の姉は、二階堂ふみと話していて、電話する。

「あんたに ひどいことをされたって。

あんたのこと 優しいって。 本心をみぬかれているんだよ。

気持ちは、ちゃんと言葉にして伝えないと」



これまで自分を思って、してくれたことを思い出す山崎賢人。

学校でプレイボーイを自慢する男が言う。

「俺は、300名の女性のアドレスがあるんだ」

すると山崎賢人が

「その中に自分のことをよくわかってくれている女はいるか。

ちょっと前まで俺もお前と同じだったと言い、

いなくなるかも知れないと思ったら、

胸が苦しくなるような女がその中にいるか?」



山崎賢人が二階堂ふみの前に現れる。

「もうオオカミ少女をやめる」

「ご主人様に水ぶっ掛けて調子のってるんじゃない」

二階堂ふみの首にネックレスをつけた。

「首輪だ。 これで お前は 俺のもんだってしるしだから 忘れんなよ」

「わかんない、ちゃんと言ってくれないと わかんない」

「うるさい口だな」と、キスして、「好きだよ」とささやく。

二階堂ふみは嬉しくて涙を流す。

「もう一度言って」

「うるさい、帰るぞ!」と走り出す山崎賢人。

それを追いかける二階堂ふみ。

**

私は こうやって イケメンを奪取した編でした。

THE END



スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line