FC2ブログ

オードリーヘプバーンは歌わない(4)嫌われたヘップ



「マイ・フェア・レディ」はアカデミー賞に12部門、ノミネートされ、

8部門を受賞するという成績を残したが、

ヘップは主演女優賞にノミネートすらされなかった。

理由は
ジュリー・アンドリュース主演でブロードウェイで、
大ヒットを飛ばしていた直後の映画化だから、
誰もがジュリーが主演すると考えていて、正式にヘップに決まってからも
「ジュリー哀惜の声」はやまなかった。
ア賞選考会員の人情なんですかね。

そして
その年の主演女優賞を獲得したのはジュリー・アンドリュースで、
「メリー・ポピンズ」での受賞だった。


しかし
イライザ役を持ちかけられたヘップは、
自分よりもアンドリュースのほうが
イライザに相応しいとして、いったん断っていた。

そして口パクでのバッシングの嵐
「ウエスト・サイド物語」のナタリー・ウッド、「王様と私」のデボラ・カー
の吹き替えは問題にならなかったのに、
ヘップは老けたといわれるくらいに憔悴している。

後にヘップは、
もし歌のほとんど全てを吹き替えられることが分かっていれば、
あの役を引き受けることは決してなかったと語っている。
スポンサーサイト



line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line