FC2ブログ

「もう僕は、あんたの召使いじゃない」レット・イット・ビーの映画を語る、その2

ビートルズの初期はどちらかと言うと、ジョンが作った曲がヒットした。

代表は「ヘルプ」

しかしだんだんに、ポール作曲のヒット曲が多くなっていく

ヘイジュード レットイットビー その他

後半の名曲の大半は、ポール作詞作曲なのだ。

リンゴのドラミングは普通だと言うのは

ビートルズの後期の傑作アルバムと言われている

「ABBY ROAD(アビー・ロード)」を

その当時のチャート1位から蹴落としたアルバム

キング・クリムゾンの「クリムゾン・キングの宮殿」にある

以下の曲の天才的ドラミングにポールは驚嘆しただろう。

超絶ドラミングだけに注目!!

映画「脳男」のテーマ曲でした。


さてジョージが切れる。

ポール作詞作曲の「ヘイジュード」のリハーサルで、

ポールがジョージのギターにケチをつけてしまった。

もうジョージも一人前のギタリストになっている。

昔はポールにギターを習い、ポールがギターの師匠だが。

続く


レット・イット・ビーの映画を語る


==


スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
92位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line