fc2ブログ

情事(1960)A~恋人の喪失を埋めるためのセックス

.

情事(1960)A

モニカ・ヴィッティ2

★数行で映画紹介しなければ

恋人の失踪に戸惑う男女

★ショウトしょうとSHORT

ミケランジェロ・アントニオーニ

愛の不毛の三部作

情事



太陽はひとりぼっち(1962)D~アランドロン、愛の不毛三部作

以上の三作品で、情事はまさに不毛を描いた傑作です。


小説ノルウェイの森に共通する

喪失感を埋めるための愛の不毛

小説「ノルウェイの森」の最後の方で主人公が、

レイコさんと初めてSして別れる場面がある。

経験があるので、普通に理解できたが、


非難や疑問だと言う人が数多い。

これが「ノルウェイの森」がアダルト小説だと言われる理由のひとつのようだ。

そして女性に多い批判は、

直子がいて、緑がいるのに、主人公の行為がわからないと言う。

なるほど、そういう考えもあるのだと勉強になった。

日本で一番売れた小説「ノルウェイの森」について、

僕的な解釈で話しをさせてもらうと

主人公ワタナベトオルには高校時代に唯一の親友キズキがいる。

そして直子、彼女はキズキの恋人であり、

主人公もキズキを通して直子と親しくなり好意を持っていた。

キズキは自殺してしまった。

大学に進学した主人公は直子と再会してSしてしまう。

ここからミケランジェロ・アントニオーニの映画「情事(1960)」
と同じような愛の不毛に陥る。


映画「情事」では女性2名、

アンナとモニカ・ヴィッティとサンドロ(男)の三角関係で、

男とアンナが恋人同士だ。

3人が旅行した先でアンナが失踪してしまった。

二人はアンナを探すうちにSしてしまう。

アンナは完全に行方不明となり、

二人は常にアンナの影を背負ったままの愛しかたをする。

ある夜、酔った男は見知らぬ女を抱いた。

不安の一夜を明かしたモニカ・ヴィッティは

そんな男の姿を発見して絶望する。

しかしサンドロの方もその気持は同じだったにちがいない。

他の人とSする気持ちが理解できたのだ。

男が戸外のベンチで泣いていると、

その肩をうしろから、おいかけてきて、

そっと抱いたのはモニカ・ヴィッティであった。

* *

この一人の影におびえる喪失感がただようSは、

直子の方に痛烈にある。

直子は言う。
「私はあなたが考えているよりずっと深く混乱しているのよ。
どうして私を放っておいてくれなかったのよ」

キズキの影から逃れられないのだ。 

僕なら直子とはSしない、そんな気にならないからだ。

しかしトオルは直子とSして恋愛をしていこうと思う。

もうそこで僕的には、これは危ういと思った。

直子は精神的に病んでしまい、精神病院に似た施設「阿美寮」に入る。

ここは映画「17歳のカルテ(1999)」のような施設だ。

そこで直子と同室の40歳代のレイコさんと知り合う。

直子の見舞いに通うごとにレイコさんとも親しくなっていく。

レイコさんはかつてピアニストを目指していたが挫折し、

3回にわたって精神病院に入院。

「阿美寮」には8年間入所しており、患者たちにピアノを教えている。

ギターも得意であり、横浜に別れた夫と長女がいる。

このレイコさんとの交流を読んでいて、

僕は直子よりレイコさんに魅力を感じた。

そして直子が自殺する。

トオルは小説の冒頭で嘆く。

直子は言った。
「私のことをいつまでも忘れないで。
私が存在していたことを覚えていて」と。

そう考えると僕はたまらなく 哀しい。
何故なら直子は僕のことを愛してさえいなかったからだ。

このトオルの嘆きは一度愛した女性を亡くした僕に深く共感を与え、

この一文に惹かれて、「ノルウェイの森」という小説が好きになりました。


直子はレイコさんに自分の服を全部あげると遺言していた。

直子の服を着たレイコさんをみて、トオルは嬉しかった。

2人だけで、直子の葬式を行うことにする。

お葬式は楽しい思い出にするために、レイコさんはギターを弾いた。

そして 「ねえ、ワタナベ君、私とあれやろうよ」

「不思議ですね。僕も同じこと考えてたんです」

そしてお別れのSを行う。

筆者「お別れのS」の一文から


完全あらすじ


========

★基本情報

原題 
L'avventura
監督
ミケランジェロ・アントニオーニ
脚本
ミケランジェロ・アントニオーニ
トニーノ・グエッラ
エリオ・バルトリーニ

出演者
ガブリエル・フェルゼッティ
モニカ・ヴィッティ

上映時間141分
製作国 イタリア フランス
============
コメントは、こちらにメールください
77hikoboshi@gmail.com

話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける

村上サガンの著作一覧

=====
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
49位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line