FC2ブログ

パリのめぐり逢い~浮気夫に、しばしのツンデレ

.

パリのめぐり逢い(1967)B


★数行で映画紹介しなければ

10年も連れ添ったが、浮気が発覚して別れる。

後悔した男は再度結婚を申し込みにゆく。

★ショウトしょうとSHORT

「男と女」のクロード・ルルーシュが

セリフより映像と音楽で表現した恋愛映画

 

以下、2018年4月出版の脚本家SAKI(仮題)より



脚本家SAKIと恵子の会話

「久しぶりに観たけど、セリフをほとんどなくして、美しい映像で勝負しているね」

「ラブシーンとか、お互いの気づきを映像で表現してますよね。

本当にイブ・モンタンが渋くて、たまらない魅力があります」
イヴ・モンタン

「モンタンね。マリリン・モンローと不倫して、

彼の奥さんシモーヌ・シニョレは自殺未遂したのよ」

「そうなんですか、それって!

この映画と同じなんですね。嫌味ですね」

「この映画では奥さんが夫モンタンの浮気を公認しているの。

でもキャンディス・バーゲンにめぐり逢って、浮気が本気になるのね」

「バーゲンのこの頃、なんとも言えない魅力ありますよね」
キャンディス・バーゲン

「そう、モンタンもメロメロよね」

「美しすぎです」

「奥さんのアニー・ジラルドもいいでしょう」

「復縁に来たモンタンに知らん振りしている演技がいいですね」

「アニー・ジラルド、顔の表情とかタバコだけで演技するのよね。

フランスでは、旦那は鉢の中の金魚で、自由に泳がせろというわね。

男は浮気しても、帰ってきてくれればいいんだって」

「あくまでも、それは浮気で、本気になると困りますね」

「やはり、物語だけでなく俳優選びも重要よね」 

「そうですね。

それと、原題 『生きるための生活』を 『パリのめぐり逢い』なんて、素敵な邦題つけましたよね」

「日本人は、めぐり逢いという言葉に弱いのよ」



完全あらすじ



========

★基本情報

原題 Vivre pour Vivre

監督: クロード・ルルーシュ

脚本: ピエール・ユイッテルヘーベン
   クロード・ルルーシュ

撮影: パトリス・プージェ

音楽: フランシス・レイ


キャスト
イヴ・モンタン
キャンディス・バーゲン
アニー・ジラルド

製作国
フランス・イタリア合作

時間 125分


============
コメントは、こちらにメールください
77hikoboshi@gmail.com

話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける

村上サガンの著作一覧

=====
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
92位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line