FC2ブログ

007 スペクター~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

メキシコで、

ジェームズ・ボンドは爆破テロを阻止して、

テロリスト・スキアラを殺して、

彼の手からスペクター紋章の刻まれた指輪を奪う。

MI6本部に戻ったボンドは、
新しいMに、メキシコでの一件を叱責される。

休暇中の無断単独行動だったのだ。

しばらくの間謹慎命令を下される。

その後、前作での"スカイフォール"での

出来事で燃え残った残骸を持ってきたマネーペニーに、

メキシコでのことは、

前作で死んだMからの遺言であることを明かす。

M「スキアラを殺して」

そして彼は残骸の中から見つけ出された古い写真を感慨深そうに見る。

その写真には少年時代のボンド、養父、そしてもう一人の少年が写っていた。



ボンドはQ課から新型アストンマーティンDB10を無断で持ち出し、

前任のMの遺言に従ってローマに向かい、

そこでスキアラの未亡人であるルチアに近づく。

するとルチアには殺し屋が迫っていて、ボンドが排除する。

彼女を秘密組織の処刑人から守ることと引き換えに

組織の秘密会議が開かれることを聞きだし、その場所に向かう。

例の指輪を見せて潜入に成功したボンドは、

100名以上が参加する会議で、

「久しぶりだな ジェームス」と、首領ブロフェルドが言う。

無事逃げ出すが、組織のヒンクスに追跡される。

ヒンクスとのカーチェイスの末、

ボンドはDB10を川に沈めてしまうが脱出に成功。



マネーペニーに報告と依頼をする。

組織は全世界でテロを起こしていること。

死んだはずのブロフェルドの調査依頼。

前々作で対峙したホワイトが会議で、殺害指示が出されたこと。

ボンドはオーストリアの渓谷にあるホワイトの潜伏先に向かい、

そこでブロフェルドと対立したことで

タリウムを浴びせられて、死に瀕した姿を見出す。

ホワイトは、組織から命を狙われている娘のマドレーヌを助けるのと引き換えに、

カギとなるは「アメリカン」だと言って、

ボンドが渡した拳銃で自決した。



一方、ロンドンではMI5の新責任者Cがボンドの行動を問題視し、

「時代遅れ」と評して、

00部門の廃止を画策しており、Mは対応に追われていた。

さらに、東京で開かれた世界会議で9か国の情報網を統合するという提案の賛否投票が開始された。

当初南アフリカが反対票を投じていたが、

後に南アフリカ国内で爆破テロが発生して賛成票に転じた事により、

全会一致で案が通過してしまうことになった。

そしてCからローマにおけるボンドとマネーペニーの会話を監視していることを告げられたMは、

マネーペニーとQにボンドのサポートを断念しろと命令する。



自決したホワイトの娘マドレーヌが勤めるオーストリア山岳地帯の医療施設を

訪れたボンドは、患者を装って彼女に接近する。

またボンドは密かに追ってきたQから本国での状況を知らされる。

マドレーヌがヒンクスらにさらわれてしまう。

ボンドは、彼女を救出して行動を共にする。

「アメリカン」が特定の人物を示す言葉だと思っていたボンドは、

マドレーヌからそれがモロッコにあるホテルの名前だと知らされる。

ホテル・アメリカンは死んだホワイトが新婚旅行で訪れて以来、

毎年家族と訪れていた思い出の場所だった。

ホワイトがいつも泊まっていた部屋で手掛かりを探すボンドだったが、

しばらくして壁に隠された部屋を発見する。

部屋にはブロフェルドを追跡する装置があり、

北アフリカの砂漠の真ん中にいることになっていた。

マドレーヌと共に特急列車に乗り込んで、

スペクターの秘密基地に向かうボンドは、

途中車内でヒンクスに襲われるも、

マドレーヌの助けで撃退し、関係を深める。

砂漠の駅で列車を降りた二人を、

スペクター側が出迎えた。

クレーターの中に隠されたスペクターの基地に到着した二人は、

そこで再度ブロフェルドと対面。

ブロフェルドは二人に世界各国の監視カメラ映像を

傍受する大規模な監視施設を見せ、

Cの提唱する情報網統合案「ナイン・アイズ」を使い、

各国の機密情報を掌握し、支配する事が目的であることを明かす。

そのことを聞かされたボンドは

Cもスペクターの側についていることを悟る。

ボンドがこれまで愛した女性は

全員、俺が殺したと言うブロフェルド。

ボンドはブロフェルドの部下に昏倒させられてしまう。

意識を取り戻したボンドは拷問台に拘束されていた。

ブロフェルドは脳の機能を破壊するドリルを準備しながら、

ブロフェルドは自分の父がボンドを溺愛するので殺した。

そして自らの死をでっち上げ、

それ以来「ブロフェルド」を名乗っていることを明かす。

事実を聞かされたボンドは、

頭部に極細のドリルを突き刺される拷問にかけられるが、

そばにいたマドレーヌが時計に仕掛けた小型爆弾をブロフェルドに

投げて、爆発させて、窮地を脱して、基地を破壊し脱出に成功。

(ここはありえないアクション。漫画ですね)



マドレーヌとロンドンに戻ったボンドは

M、Q、マネーペニー、タナーと落ち合い、

協力してCの身柄を確保し、

ナイン・アイズがその日の深夜24時に正式稼働するのを阻止する。

しかしマドレーヌはスパイとして生きるボンドと行動を

共にすることはできないと告げ、その場を去る。

彼女を除いた5人が行動に動きだすも、

Cの配下がボンドとMの乗ったジャガー・XJを急襲し、

ボンドを旧MI6本部に拉致するが、

ボンドは配下を倒してひとり本部建物内に足を踏み入れる。

建物の地下には負傷したブロフェルドが待ち受けており、

ボンドにマドレーヌを拉致したことと、

3分後に建物が爆破されると告げ、

起爆装置のタイマーを作動させる。

一方、間一髪で車輌から逃げおおせた

MはQ、マネーペニー、タナーと合流し、

旧MI6本部の対岸に建設された新国家保安センター庁舎に向かう。

そこでQはナイン・アイズのプログラムへのハッキングに成功し、

Mは庁舎内でCと格闘の末、Cは転落死する。

そしてM達の目の前で旧MI6本部が爆発音とともに崩壊するが、

マドレーヌを見つけ出し救出していたボンドはボートで脱出。

そしてボンドは、ヘリに搭乗し逃走するブロフェルドを追跡、

エンジン部分を狙い撃ち、ヘリはウェストミンスター橋に不時着する。

満身創痍のブロフェルドがヘリから這い出したところに、

ボンドが立ちふさがり、彼に銃口を突き付ける。

ブロフェルドはボンドに自身を殺すよう挑発するが、

その場を去ってマドレーヌのもとに向かう。

追ってきたMによりブロフェルドは逮捕される。



後日、引退したボンドがQの前に姿を現す。

「なぜ? やめたんですよね」

「そうだ。忘れ物がある」

彼は前作で大破し修復が完了したアストンマーティン・DB5を

Qから受け取り、マドレーヌを助手席に乗せると、

ロンドンの街へ走り去っていった。

THE END
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
73位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line