FC2ブログ

タンジェリン~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

新しいタイプの路上売春婦


映画オールアバウトマイマザー(1999)で登場する上半身は女で下半身は男




舞台はロスの下町

麻薬所持で逮捕されて、出所したシンディ

黒人で上半身は女で下半身は男。

シンディは同じボディの親友アレクサンドラと久々に再会

アレクサンドラはシンディの恋人が浮気していたと密告。

激怒したシンディは恋人チェスターと浮気女性ダイナを探しまわる。



ある娼婦館に乱入して、行為中のダイナ(白人女性)を引き離し、外に連れ出す。

ダイナをボコボコにして、ダイナーを引き連れて恋人チェスターを探す。



路上売春の実態

1.支払い拒否

アレクサンドラはある男の車に乗る。

「ゴム付きフェラで80ドル」

「ないから。手こきしてくれ」

「それなら40」

男はゆかなかったので40払わないと言う。

2人はもめて警察が来る。


2.本物女は不要

タクシードライバー、ラズミックは娼婦を引っ掛けるが、

娼婦が女性と分かると彼女を車から追い出してしまう。

上は女で、下は男が欲しいのだ。

そしてアレクサンドラに会って、行為に及ぶ。

ラズミックは車の中でアレクサンドラのバストを楽しみ、

アレクサンドラのスティックをフェラチオをする。

ラズミックはアレクサンドラからシンディが出所したことを知り、

シンディを探す。



浮気の定義は何?

ドーナッツショップに恋人チェスター(白人男)がいるので、

シンディはダイナーを引き連れて言う。

「私の留守中に、よくも浮気をしたわね」

チェスター「おい!待ってくれ。俺は浮気していない。商品テストしただけだ」

シンディがダイナーに「何回やったのよ」

ダイナー「10回ほど」

返答につまるチェスター。

そこへラズミックが登場

「シンディ!久々に15分、どう?」

チェスター「今は、商売させない」

ラズミック「どうしてだ?」

チェスター「シンディは俺の婚約者だ」

シンディ「相手するわ。婚約者は浮気者だから気にしない」

チェスターがラズミックに尋ねる。

「あんたも奥さんいるんだろ?」

「ああ。いるよ」

「それじゃ。これは浮気じゃないのか?」

「浮気じゃない。金で買うだけだ」

「聞いたかシンディ。浮気じゃないんだ」

「うそ。無料でやったくせに」

チェスター「他の女を呼ぶから。待ってな」

そこへラズミックの奥さんが来る。

(映画では義母が最初に来るが省略)

「何しているの?」

「休憩中」

「ここにいるのは誰なの」

チェスター「みんな俺の配下の売春婦だ」

「売春婦? 男じゃない。不潔」

店主が全員を出て行かせる。

ラズミックと妻は帰宅する。

チェスター「許せよ」

シンディ「丸め込むわけ」

「そうじゃない」

2人はキス

シンディ「むかつく男だけど。でも会えて幸せ」

「俺もだ」

アレクサンドラが密告したと言うシンディ。

チェスター「おい!待て。

そのせいでダイナはシンディにボコられて。

じゃ。俺もばらすぞ。

留守中に俺とアレクサンドラが何をしていたか聞いたか?

そこは聞いていないだろ

そこだけ隠したんだ」

シンディ「何をしたの?」

「お前の親友と俺は寝たんだ。

俺のせいじゃない。アレクサンドラが誘ったんだ。

こいつ!お前に嫉妬しているんだ。

わかったぞ。これはお前ら二人の問題だ。

俺は仕事(ポン引き)をする」

シンディはアレクサンドラに

「あなたにお似合いね」と言って、シンディは去っていく

追いかけるアレクサンドラ

「あなたを傷つける気はなかったわ。

大事な親友よ」

アレクサンドラは謝るが、無視するシンディ。

「一回だけよ。どうってことない」

「ひとかせぎするから帰って」

シンディはお客の車に小水かけられてしまう。

かつらまで被害が。

アレクサンドラがかけつけてランドリーへ。

かつらも洗って、完全なる男ヘアーのシンディ。

アレクサンドラは自分のかつらをはずし、シンディに。

完全なる男ヘアーのアレクサンドラ。

「ふたりともはげるわね」

2人は仲直り  

THE END
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
90位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line