FC2ブログ

アメリカン・ドリーマー 理想の代償~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

1981年、ニューヨーク。

アメリカ移民のアベルは、ヤクザ横行のガソリン業界で、短期間に成功。

業界一位となるために、全財産を手付金にして、ある土地取得の仮契約をする。

それを妬む者が現れたのか?

アベルのタンクローリーが強奪される事件が続発する。

さらに、脱税容疑で、家宅捜査を受けて、いくつかで告訴される。

家には泥棒や、子供らの近くに無造作に拳銃が置かれたりする。

銀行はこれ以上の融資を打ち切ってしまう。

融資が無ければ、土地購入はできず、手付金も返ってこない。



タンクローリーの運転手に銃を持たせる提案がなされるが、

アベルは猛反対する。

発砲事件が起これば、アベル側が警察沙汰になり、ますますピンチになるからだ。



アベルを破産に追い込む黒幕を探すが見つからない。

また タンクローリーが襲われて 運転手が犯人に発砲。

犯人と運転手は逃走。

発砲の罪で警察沙汰となる。


ある日乗っ取られたタンクローリーを追跡することができた。

そして捕まえた犯人に、依頼主を聞き出す。

それは知人の同業者だった。

アベルは会いに行き、

「恥ずかしくないのか」と恫喝して、

借金(土地取得の残金)の依頼をする。



土地取得のために、弟や、

ライバルの同業者からも借りる。

担保は店のターミナル。

それを聞いたアベルの妻は脱税で貯めた隠し金を使うように提案する。

妻は会社の経理担当だった。

しかしアベルは断る。

これを受け取れば、脱税容疑で逮捕される。

土地取得の出所は調査されるからだ。



アベルは残金を払い土地を取得して、業界ナンバーワンとなる。

判事「なぜ、短期間で成功した?」

アベル「いつも最も正しい道を選んできた。 私にとって結果は問題ではない。

どの道を通り、そこへ到達するか最も正しい道を通ること。 大事なのはそれだ」


THE END
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line