FC2ブログ

ピンクとグレー~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

本作では監督による配役のトリックがあります。

観客はだまされます。

あまりに単純なストーリーなので、

トリックでもしないと映画にしたくなかったのかもしれません。



同じ中学の大貴と真吾は、文化祭で後輩2人を加えてバンド「デュポン」を結成。

そのまま2人は高校に進学

町で声をかけられて、2人は読者モデルとして活動を始める。

芸能事務所に所属し、ルームシェアも始めた2人はエキストラとしてドラマ出演を決め、

主演俳優とのシーンでアドリブのセリフが採用された真吾は

番組プロデューサーに見初められ、連続ドラマへの出演が決まる。

真吾はスターに。

一方で大貴にはチャンスがこないで、地味な役をこなす。

真吾が事務所移籍を気に、引っ越しして、2人は疎遠になる。



25歳になって、大貴は真吾は、高校の同窓会で再会を果たす。

真吾から積極的に誘われ、2人だけで酒を飲み交わし、

以前の関係に少し戻れた気がしていた大貴だったが、

今夜も会おうと言う、約束通りに真吾のマンションを訪れると、

そこには遺書を残して首を吊った真吾の姿があった。

大貴は自分宛ての遺書を読む。

「これで、お前は有名になるぞ」

大貴は真吾に関するノンフィクション書籍を執筆する。

スターの自殺に、世間は注目、大貴は有名人に。

有名になった大貴は、なぜ真吾が自殺したかわからなかった。

真吾の母に会って、遺品を見せられて、理由がわかる。

真吾は自殺願望者だった。

「ピンクとグレー」の意味は、安いピンクのライターとグレイの高級ライター。

THE END
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line