FC2ブログ

ラースと、その彼女~驚きの脚本



「ジュノ」以来です。

そしてこのオリジナルティ高い作品は

これもまた「ジュノ」以来です。

ジュノも本作もかなりな衝撃作品です。

まさに大傑作です。

僕がラースにそっくりなんで、ツボに はまりました、





ここから完全ネタばれです。




最初の20分までは大笑い。

これコメディものと思われるくらいに何回も大笑いしました。

それが中盤から後半、せつない、ちょっと泣ける。

そして周りの人が全員優しい、
その優しさにちょっと泣けそうになりました。

この作品は「ジュノ」と同じく、ひとつの選択を迫る。

このまま、ひきこもるか、ひきこまらないか。

ラースはあまりに人が優しさという武器で攻めてくるので

自分ひとりで守れなくなり、

ビアンカという仮想彼女をつくって自己防衛するんです。

そしてだんだんに人々の優しさを受け入れる許容と器ができると

氷が解けるようにだんだんに自己防衛の武器としていたビアンカが要らなくなる。

そして彼はボーリング場で女性(本物の人間)に恋をしていることに気づく。

彼なりの愛し方があるわけで、彼はビアンカを葬式に送ることで

引きこもりをやめて、本当の恋人をつくる選択をする。

葬式をしてあげるくらい、人間以外の物にも優しいんです。

そして人を愛せる自信がついたんですね。

それにしても本当に優しいラースですね、感動しました。

こんな優しい男性っているんですね。

いや、すごい映画です。

まさに驚きの作品です。
スポンサーサイト



line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
90位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line