トレジャー オトナタチの贈り物。~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

ルーマニアのブカレストで、息子と妻の家族3人で生活を送るコスティのもとに

近所の男アドリアンが訪ねてきた。

「800ユーロ貸してほしい」

その金で金属探知機を借り、曽祖父が庭に埋めた宝を探したいという。

失業中のアドリアンは借金がかさみ、今にも家を追い出される状態で、

この宝探しに賭けていた。

見つけた宝の半分を渡すと言われたコスティは、検討することに。

家には300ユーロしかない。

探知機を安く貸してくれる業者を探し、

半信半疑で宝探しに協力することとなる。

もしそのお宝に歴史価値があると国に7割とられる。

警察に報告しない。金ならば溶かすことに。

こんな眉唾な話にのるコスティ。

しかし実話。



探知機で反応がある。

しかし金の可能性は低い。

なぜか業者とアドリアンが喧嘩して、

業者は料金はいらないと言って退散。

コスティとアドリアンは金属ケースを掘り出す。

業者が警察に密告。 

警察に連れていかれて、鍵付きケースを警察の専門家が開くと、 

中にはドイツのメルセデス社の株券だけがあった。

ルーマニアの文化に関わるものではないので無罪放免。

曽祖父のものじゃない。

株券で換金すると200万ユーロ(約9千万円)

最初半分の約束だったが、探知機代に半分出したし

見つかった場所は弟にも所有権利があるので、

アドリアン「弟にも譲りたいから3分割ね」


THE END
スポンサーサイト
line
line

FC2Ad

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
243位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
カテゴリ
line
総アクセス数
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line