アイリス・アプフェル!94歳のニューヨーカー~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

ドキュメンタリー映画です。

94歳になってもアメリカ・ニューヨークで現役で活動している女性。

インテリアとファッションのデザイナー。

異様に大きな丸眼鏡をかけている。

インテリアデザイナーとしてスタートし、夫と設立したテキスタイル会社も大成功をおさめた。

有名になったのは歴代大統領からホワイトハウスの装飾を任されたこと。

個人的な感想としてはファッションはシックではなく大胆な配色。

アクセサリーは小粒ではない、大きくて大胆なもの。



なるほどと思ったこと。 日本では通用しないが。

「値切らないと逆に失礼な場合もあるのよ」

値切らないで買うと、売る相手がもっと高い値段にするべきだったと後悔させるから。



その眼鏡はいつから? 
 
顔の形に合うなら、眼鏡が素敵なアクセサリーになり得ると気づいて以来。

風変わりな眼鏡に目がないの。

「何故そんなに大きな眼鏡を?」と聞く人には

「あなたの本質をよりしっかりと見るためよ」と答える。 
 


夫は100歳で、私生活から仕事までいつも一緒。

子供をつくらなかったことがおしどり夫婦になれたのかも。

「子供はほしくなかった。長期旅行や仕事に、子供は邪魔だから」

「ヒマだと落ち込むの。いつも忙しくしていたい」

「私は美人じゃなかったから、長く続けられたの。

美人は年をとったら無惨だから」


THE END

スポンサーサイト
line
line

FC2Ad

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
243位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
カテゴリ
line
総アクセス数
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line