スタスキー&ハッチ~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

カリフォルニア州の湾岸エリアに勤務する2人の落ちこぼれ刑事。

融通の利かないデヴィッド・スタスキー。

いいかげんに事を運ぶケン・ハッチンソンの通称ハッチ。

この窓際刑事2人に困った上司は相棒で働くように命じる。

ある日、ヨットやモーターボートの停泊所付近に死体が浮かんだという無線連絡が入り、

スタスキー&ハッチは現場に向かう。

死体の男から麻薬とリース・コーポレーションの名刺が見つかり、

スタスキー&ハッチはリース・フェルドマンの邸宅へ赴く。

リースは表向き大企業の社長でありながら、

裏社会で麻薬の密売を行っていた。

彼は犯罪組織のボスたちを集め、開発した新種の麻薬犬も反応しない

コカインを披露し、その販売に乗り出しそうといていた。

スタスキーとハッチは、おかしな変装や聞き込み方法で

捜査を続け、リースを逮捕するが負傷させた上に証拠不十分。

この失態で停職処分になる。

リースは恨みをはらそうとハッチを狙う。

ハッチの家に爆弾が仕掛けられて近所の親しい少年が爆発の巻き添えになってしまう。

リースの仕業だと証拠はないが、リースの捜査を再開するスタスキー&ハッチ。

今度は盗聴。

リース邸宅のパーティに再び怪しい変装で乗り込む。

パーティのビンゴゲームで麻薬を詰めたスポーツカーをプレゼントして、

麻薬取引をたくらむリース。

スタスキー&ハッチはスポーツカーの中をあけて麻薬だと出席者全員にみせる。

出席者には警察の上司もいた。

リースは人質を盾に車で逃走。

ハッチの愛車(赤いホディに白い稲妻の1976年型フォード・グラン・トリノ)で追いかけるが、

リースは船で逃走。 

ハッチの愛車は海上に沈む。

リースを追っていた潜入捜査官ハギーがリースを逮捕。

車をだめにして落ち込むハッチにハギーがなぜかプレゼントする。

ハギーはリースの金をちょろまかしたようで、それに気づいたハッチへの口封じ。

実際にテレビドラマで出演した往年の2人が、ダメにした車と同じ車種を持ってくる。

THE END
スポンサーサイト
line
line

FC2Ad

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
243位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
カテゴリ
line
総アクセス数
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line