GO-CON!~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

関根汰一、成瀬浩、江口甲斐の3人は、夜ごとレストランで合コンを繰り広げている。

汰一はフェロモン、浩は子供っぽい可愛らしさを武器にして女を口説く。

甲斐は必ず遅れて登場し、長野五輪の金メダリストだということをアピールする。

彼らの合コンには様々なルールが決まっている。

まず、必ず男女は4対4でセッティングする。

そして4人目の男は捨て枠として、

デブや根暗といった自分達の引き立て役になるような人物を用意する。

チームワークで、女性をお持ち帰り。



合コンの相手はOLからデパートガール、バスガイドやスッチーなど。

時にはブスばかりと合コンしてしまう時もある。

また、捨て枠にカッコイイ男を用意してしまうという失敗もある。

持ち帰り前に店のトイレでセックスもある。

そんな3人の合コンを、レストランの従業員は賭けの対象にしている。

一夜限りのセックスに飽きてきて、恋人がほしくなる3人。

さて、クリスマスイヴ。

決まった相手のいない3人組は、顔はいまいちのユーコが、

天下の白百合女子大と知ると、白百合ブランドの女性を揃えた合コンを依頼する。

やってきたのは汰一の元彼女・木村多江と、店が休みだった為に参加したウエイトレスバイト・内山理名。

内山理名と浩は互いの存在を気になっている関係だった。

浩は内山理名のことを気にしながらも、木村多江を口説き始める。

いつもの調子の出ない汰一は、やがて木村多江が他の男と話すと気になって仕方がない。

そんな中、4人目の男が、

「無理している。好き同士だから向き合った方がいい」と言う。

楽しい会話やゲームもしないで、

みんなで男女のシビアな議論をする修羅場になる。

「合コンは化かしあいだ」

合コンの席が険悪な状態になってしまい、木村多江は帰ってしまう。

汰一がいるとわかって合コンに来たと従妹のユーコが言う。

それで汰一は木村多江を追いかける。

汰一と木村多江が別れたのは、木村多江がニューヨークに転勤したからだった。

「お前を忘れたいから、合コンしている。

お前がニューヨークに転勤してから時間が止っている。

合コンに逃げていた。 お前がいないとだめなんだ」

汰一と木村多江はよりが戻る。



内山理名は留学するからサヨナラを言うために来たと言う。

浩は内山理名を外に連れ出す。

そして自分の思いを伝える浩。

受け入れる内山理名。

THE END
スポンサーサイト
line
line

FC2Ad

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
243位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
カテゴリ
line
総アクセス数
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line