殿、利息でござる!~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

実話に基づく

舞台は1766年、仙台藩の宿場町吉岡宿。

吉岡宿は藩の物資を次の宿場まで運ぶ「伝馬役」を命じられていて、

その費用は全て町で捻出。

生活が立ち行かなくなった人々は夜逃げするしかなく、

残った人間に負担がのしかかるという悪循環に陥っていた。

町の窮状を嘆く造り酒屋の主人阿部サダヲは

仙台藩に銭を貸して利息を取り、その利息を伝馬の資金にするという茶師・瑛太の考えを聞く。

千両貸せば毎年百両の利息が町に入る。

しかし千両もの大金を用意出来るはずもなく、瑛太は最初から諦めていた。

されど阿部サダヲは千両を集めるために同志を募っていた。

村をまとめる遠藤幾右衛門とその上の村役人・千坂仲内が計画に賛同する。

その頃の仙台藩は、7代藩主伊達重村が官位欲しさに幕府の重役に金品を贈るなどしていたため、

金欠状態に陥っていた。

藩の財政担当・松田龍平は銭の鋳造を指示し、借金否定派だった。

阿部サダヲや瑛太達は私財を売り必死に銭を捻出する。

しかし目標は遠く、自分達の生活を犠牲にする阿部サダヲに息子の音右衛門が強く反発してしまう。

極秘で進めていた計画は次第に宿場中に知られてしまい、売名目的で銭を出す者も現れる。

両替商・西村雅彦までもが銭を出すと言い出す。

しかし利息は全額伝馬に使うとわかり、取り下げる。

阿部サダヲの弟・妻夫木聡(浅野屋)が「伝馬なくして村町の繁栄はない」と投資する。

瑛太からそれを聞いた阿部サダヲは、弟が加わるなら自分は抜けると言い、会合にも顔を出さなくなる。

阿部サダヲは長男でありながら穀田屋に養子に出され、生家や弟に遺恨を抱えていたのだった。

両替商・西村雅彦が坊さんに説得されて、投資することになり、千両となる。

村役人・千坂は嘆願書を代官へ提出。

しかし松田龍平(藩の財政担当)は却下してしまう。



ある晩、浅野屋に忍び込もうとしていた男が瑛太達に捕まる。

15年も昔に吉岡宿から夜逃げしたというその男は、

先代の浅野屋主人(阿部サダヲの父親)に大恩があると話す。

先代は借金帳消しの上、銭を渡して男の夜逃げを見送ってくれたと言う。

元金だけでも返すために浅野屋を訪ねたものの妻夫木聡も銭を受け取ってくれず、

男は仕方なくこっそり返すつもりだったと言う。

宿場中から守銭奴と陰口を叩かれている浅野屋親子の真実に驚く瑛太達。

それ以上に驚いた阿部サダヲは真相を確かめるため浅野屋へ向かう。

妻夫木聡とその母親は、先代主人が銭を藩に上納し、

伝馬の負担を減らして貰おうと考えていたことを話す。

「誰かに褒められたくてやるものではない」と言って、

守銭奴と叩かれてもずっと密かに宿場のために銭を貯めていたのだった。

死に際に父は妻夫木聡に志を託し、妻夫木聡もそれに応えて質素倹約に努めていたのだ。

阿部サダヲは知らず知らずの内に父の遺志を継いでいた。

1772年、千坂は代官所に嘆願に向う。

粘りに粘って松田龍平の了解を得る。

千両は50年も前から貯めたものだと言うことがきっかけだった。

しかし集めた寛永通宝ではなく、金の小判で千両という条件付きで嘆願が通った。

喜ぶ阿部サダヲ達だったが、瑛太が松田龍平の策略に気づく。

銭の鋳造により寛永通宝の相場は下がっていて、小判千両にするにはあと800貫文足りないのだ。

浅野屋の妻夫木聡は500貫文出すと言うが、

瑛太と阿部サダヲは浅野屋が潰れてしまうと断る。

しかし異変を察知した阿部サダヲが店の奥へ走ると、蔵人(酒仕込み人)も酒もない。

浅野屋はもう潰れていたのだった。

覚悟を決めていた妻夫木聡達に頼み込まれ、500貫文を受け取った阿部サダヲ達。

更に煮売屋の女将がこれまでのつけを清算して50貫文を出し、残りは250貫文。

その250貫文は、心を入れ替えた阿部サダヲの息子が仙台に奉公に出て10年分の給金を前借りし工面してくれた。

1773年、ついに阿部サダヲ達は小判千両を揃える。

驚いた松田龍平は阿部サダヲ達を呼び出し報奨金を与えた。

阿部サダヲ達は褒美を持って浅野屋へ向かうが、妻夫木聡は受け取らず町に配ると言い出す。

そこへ現れたのは、なんと藩主重村だった。

浅野屋は潰れたことを聞きつけ、

重村は三つの酒銘を与え、浅野屋を潰すことは許さないと告げた。

こうして、吉岡宿には毎年藩から利息が支払われることになった。

伝馬の負担が減り、町は貧困から脱出する。

浅野屋は三つの酒が飛ぶように売れ潰れずに済んだ。

妻夫木聡はその儲けを道の修繕などに使った。

千坂は藩主重村に認められ念願の侍となり、瑛太の茶は名産品になった。

阿部サダヲは「私のしたことを人前で語ってはならぬ」と遺言を残したと言う。

そして穀田屋は、現在も宮城県で酒屋を営んでいる。

THE END
スポンサーサイト
line
line

FC2Ad

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
243位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
カテゴリ
line
総アクセス数
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line