KT~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

実話に基づく

73年6月、朴軍事政権下の韓国から亡命し、

日本で韓国民主化の為に精力的な活動をしていた金大中。

韓国大統領から金大中を暗殺せよとの命令を受けた

駐日韓国大使館一等書記官・金車雲らは、実行に移そうとしていた。

名付けてKT作戦。KTは金大中のイニシャル。

日本の自衛隊もKCIA(韓国中央情報部)のサポートを行う。

朴大統領と陸軍士官学校時代から繋がりを持つ
自衛隊陸上幕僚二部部長・塚田によって、

民間興信所を開設し、
陸幕二部所属の右翼主義者・佐藤浩市がその任にあたった。

名目は朝鮮人の監視と調査。

佐藤浩市は様々な手を使って金大中の行方を追うが、

韓国大使館内部の密通者に邪魔される。

金大中を守る在日スパイ組織が守っていたのだ。

佐藤浩市は金大中の取材に成功していた夕刊トーキョーの記者・原田芳雄に接近し、

遂に金大中が8月9日に自民党で講演を行うとの情報を入手。

報を受けた金車雲は、それを機に作戦を実行しようとする。

ところが、またしてもその計画が漏洩し、
原田芳雄を通して週刊誌にスクープされてしまった。

KCIAは金大中が講演の前日に
日本滞在中の民主統一党党首・梁宇東を訪ねる機会を狙って、

強行手段に打って出ることに。

自衛隊関与の疑惑を恐れた上官から手を引くように言い渡されながら、

想いを寄せる韓国人女性・李政美の手術費用を
協力費として金車雲から受け取った佐藤浩市も参加。

金大中拉致に成功する金車雲たち。

彼らは、用意してあった船で故国へ、その途中の海に金大中を投棄する。

しかし韓国の民主化に着手したアメリカの要請を受けた
自衛隊によって殺害は阻止されてしまう。

海上保安庁のヘリコプターが拉致船を追跡し、照明弾を投下するなどして威嚇。

「殺すな、解放しろ」と打電。

金大中はソウルの自宅近くのガソリンスタンドで解放された。



佐藤浩市は自衛隊に連行される。

金車雲は現場にわざと指紋を残し、保身をはかり、アメリカへの亡命を計画。

佐藤浩市は上官から自決を命じられるが拒否、
金車雲を心配して全てを原田芳雄に告白。

佐藤浩市は李政美と田舎で暮らすそうとするが、
一発の銃弾によって命を奪われる。

THE END
スポンサーサイト
line
line

FC2Ad

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
243位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
カテゴリ
line
総アクセス数
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line