酔いどれ天使~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

戦後まもない頃

酒好きの貧乏医師・志村喬は、やくざ・三船敏郎の鉄砲傷を手当てしたことがきっかけで、

変な咳をするので問診すると、三船敏郎が結核に冒されていた。

志村喬は若い頃の自分に似ていて、三船敏郎が気になっている。

結核治療をすすめるが、藪医者だと思って、三船敏郎は治療を拒否する。

三船敏郎は大病院でレントゲンをとると、結核で肺に穴が開いていることを知る。

さらに結核の名医が志村喬だということも知った。



三船敏郎は志村喬の治療を受けるが、

出獄して来た兄貴分の岡田に自分の情婦をとられ、

自分のテリトリーを取られそうになり、治療どころではない。

そしてとうとう吐血して、

志村喬の診療所に運び込まれて入院する。

ある日気になって親分の家に行くと、

親分は、三船敏郎は、もう余命がないので鉄砲玉に使える。

島は岡田にあげるという話を、盗み聞きしてしまう。

数日後、三船敏郎は岡田宅に殴り込みをするが吐血して、返り討ちにあい死ぬ。



志村喬は死んだ三船敏郎を、

「馬鹿な奴だ。愚劣だ。

脚を洗えと言ったのに、あの野郎が許せないんだ」と言う。


志村喬は結核が治癒したと報告にきた女学生と、

約束した褒美のあんみつを食べにいく。

「港がみえる丘」を歌いながら。

THE END
スポンサーサイト
line
line

FC2Ad

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
243位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
カテゴリ
line
総アクセス数
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line