FC2ブログ

エターナル サンシャイン ~ 驚きの独創的脚本

エターナルサンシャイン

「エターナル サンシャイン」(2005)

さすがアカデミー脚本賞受賞作品
よくできている 作りこまれている 練られている。

脚本はチャーリー・カウフマン 
「マルコヴィッチの穴」は非常に印象深い作品だった
他人の脳に入り込める穴があって
S時に男性がどんな感じ方をするのか女性が体験する。
今回の脚本も非常にユニークです。

時間軸が壊れた作品なので
あらすじを確認するためにDVDを巻き戻す必要のあるシーンがふたつある。
DVDで観ないと駄目な作品ですね。

記憶を消すことを商売にしている会社がある。

未来にはありえることかもしれない。
相手の思い出のものや写真や日記などを持ってきて
それについて見たり考えたりした時の脳波をコンピュータに
記憶させて消してゆく。


恋人同士のささいな口論で
女性は一時的な衝動にかられて相手の記憶を消してしまった。

男もそれを知って彼女の記憶を消すことにした。(写真)
その消す作業の中で彼女との思い出が映画で展開される。

スポンサーサイト



line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
130位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line