FC2ブログ

カンゾー先生~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

昭和20年夏。

戦時下の岡山県日比の海岸を、開業医・柄本明が走っていた。

家訓「開業医は足だ。片足折れなば片足にて走らん。両足折れなば手にて走らん。

疲れても走れ。寝ても走れ。走りに走りて生涯を終らん」をモットーに、

往診して回っている。

無償に近い値段で診てくれる柄本明に感謝しながらも、

どんな患者にも肝臓炎としか診断しない柄本明のことを、

「肝臓先生」と呼び、藪医者とみられていた。

ある日、麻生久美子が看護婦としてやって来る。

幼い弟妹を養う為、売春をしていた出征兵士の妻・麻生久美子は、

父親の死をきっかけに、これ以上売春をしないように、

柄本明の下で働くことになった。

柄本明に岡山県医師会からブドウ糖注射を使いすぎると指摘される。

肝臓炎にはブドウ糖が欠かせない。

柄本明は医師会に強く反発。

また、軍医部長の池田中佐からも同じような勧告を受けるが、

柄本明はひるまない。

肝臓炎は伝染するものだと言うことがまだわからない時代。

戦時中は肝臓炎が日本で蔓延していて、柄本明は危惧していた。

治療代のかたにもらった顕微鏡を使って、肝臓炎の病原体を発見しようと意気込む。

そこへ息子戦死の知らせがあり号泣する柄本明。

息子は軍医で、最後の手紙を受け取る。

「肝臓炎は経口(キス)感染、性交感染、輸血感染することが判明、これは軍事秘密」

柄本明の肝臓炎撲滅への意欲は燃え盛っていく。

学会で有名になる柄本明。



脱走したピートが負傷しているので入院させる。

ピートは母国でカメラ会社に勤務していた。

仲間の外科医・世良公則が治療して、回復したピートの協力を得て、

顕微鏡の拡大に成功する。

しかしピートを匿った罪で当局へ連行されることに。

料亭・紫雲閣の女将・松坂慶子が軍医部長(中佐)に体を提供することで、

柄本明たちは釈放されるが、ピートは獄中で拷問を受けて死亡。

ピートを救うために世良公則1人が収容所に突撃するが、撃たれて死ぬ。

拡大顕微鏡は没収されて研究は頓挫してしまう。

しかし柄本明はあきらめない。

再び顕微鏡を入手した柄本明は、研究に邁進する。

ところが、研究に没頭するあまり、診察を受けられなかった老人が死ぬ。

遺体を前に号泣して、柄本明は気づく。

自分は町医者に徹するべきであることを。

思いも新たに離れ小島へ往診に出かけた帰り、

舟の中で麻生久美子に愛を打ち明けられた柄本明は、

遙か向こうにキノコ雲(広島原爆)が立ちのぼるを見る。



THE END
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
29位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line